久々に神様とキャラバン ⑩奥塩原高原ホテルで湯活 (2017/01/08入湯)


DSCF0519.jpg


新湯温泉は全4件、全てのお宿が同じ源泉です。かなりの量が自然湧出して入るとは聞いているのですが、詳しくは分かりません!外観はロッジ風で清潔な佇まいと威厳のある品格が備わっているホテルです。

DSCF0518.jpg


ホテルの玄関に入ると、案の定ど誰ももいません。声を出して呼んでも無駄だったので、フロントのチャイムを鳴らすと奥の部屋から担当者が出てきました。駐車場はガラガラだったので、予想は付きましたけどね。

DSCF0517.jpg


DSCF0504.jpg


入浴料を払って、廊下を進みます。浴場は在りがちな玄関からちょっと離れていている奥まったところ。

途中、トイレがあって、用はそこで済ませないと脱衣所にはありません。

脱衣所から続く階段があり、降りていくと扉の向こうに内湯、その先に露天風呂があります。

DSCF0514.jpg


DSCF0515.jpg


DSCF0513.jpg


DSCF0505.jpg


DSCF0506.jpg


浴場内湯は木造りで落ち着く雰囲気で、6人前後が入れるぐらいの大きさに青白く濁った綺麗な湯が満たされています。

源泉は共同源泉のなかの湯で、造成雰囲気泉、いわゆる噴気して噴き出している水蒸気に沢水などをあてて温泉を作りだしているもの。

源泉が熱いせいもあり、投入量は少なめだが、この日の内湯はかなり熱い!熱さを堪えながら身体を沈める。造成泉は基本的に硫黄臭は少なくマイルドな浴感が多いような気がする。湯の表面には造成泉ならではの少し分離した成分が浮いている。

お湯の味については硫黄味♪薄いレモン味♪わずかな苦みといった感じだが、表現が難しいなあ。

DSCF0507.jpg


DSCF0508.jpg


DSCF0509.jpg


DSCF0510.jpg


DSCF0511.jpg


露天風呂はヒノキ風呂で、開放感もバッチリ。湯温は内湯よりも低めで入りやすい。眺めと適度の湯温でリラックスできる。この露天は癖になりそうだ。

前記の白樺さんとは入浴可能時間がずれているので、確認しないと連湯できないので注意が必要です。


■所在地  栃木県那須塩原市湯本塩原113-4
■TEL 0287-32-2464
■入浴料  大人800円 
■貸切風呂(12:00~14:30まで)  2,500円(40分 2名様)
■営業時間  12:00~17:00





関連記事
[ 2017/01/19 00:26 ] 温泉 温泉 栃木県 | TB(-) | CM(0)

久々に神様とキャラバン ⑨塩原温泉郷 新湯温泉「湯荘白樺」(2017/01/08入湯)


DSCF0492.jpg


湯荘白樺は新湯のシンボルでもある噴火口跡、硫黄山のすぐ下にある。

DSCF0503.jpg


館内では温泉卵が売られてました。もちろん購入です。

70324ee9a5e80d5f513ce80b0403c2fb.jpg


008.jpg


湯荘白樺には 混浴露天風呂・ 女性専用内湯・男性専用内湯、全部で3つのお風呂があり、100%源泉かけ流しの天然温泉です。3階には、桧造りの趣きある造りで6人がゆったり入れる大きさの内湯がある。

pH2.6、泉温79.2℃の単純酸性硫黄泉で、この泉質は塩原では珍しい。もともと透明だが時間の経過とともに白濁、これに加えて硫黄臭と強い酸味、極上の温泉だ。

yjimage_20170112105611f0a.jpg


湯荘白樺の特徴は泥パック!湯底にグレーの「泥湯」が沈んでいるので、これで泥パックできる?パックのしかたは体の悪いところに湯泥を塗って3分以上パックして洗い流せばOK。かなり濃い成分の湯泥は悪いところがよくなるかはわかりませんがお肌すべすべになりますよ!でもバケツの中の泥は冷たいので、身体に塗るときにヒヤッとするけど、ここは我慢です。全身に塗りまくって,暫く放置。一気に洗い流す。椅子も、床も、排水溝もすべて綺麗にが大事。

浴室内には「この温泉は硫黄高泉硫化水素で有益な成分が多量に含まれているため、入浴や飲泉によってその成分が体内に吸収されて身体が暖かく冷めにくくなり、真水のお風呂の約5倍保温が持続するそうです。そのため温泉から出る時には体についた温水をシャワーなどで洗い流さないようにしたほうが効果的です。」と書かれている。

image13.jpeg


次は混浴露天へ。七福神の顔抜き看板が置かれていました。露天風呂はひとつしかないため混浴となっていて、露天入り口に18時から21時まで女性専用時間と明記されている。

fde5e036009c9447cab9adc49b36ce30.jpg


ひょうたん型の浴槽の真ん中には仕切りが立てられており、これによって混浴時間帯でも男女の入浴エリアがセパレートできるようになっていました。浴槽の縁は御影石の板が敷かれている。

138516f9e1be4ea512fe2f6712b771ff (1)


露天と内湯の湯口には鹿の角みたいな木の枝で栓がされていて、お湯の投入量を調整しているようだ。まさに、適温での入浴がうれしいねえ。

DSCF0501.jpg


露天入り口付近の掲示物をチェック。いろんな情報がありますねえ。

DSCF0502.jpg


DSCF0500.jpg


お初の「白樺」さんでしたが、噂通りの素晴らしい温泉力を感じ、とにかく温泉をじっくり楽しみたいというときには、外せない湯でした。
また、お邪魔します!!


■所在地  栃木県那須塩原市湯本塩原14
■TEL   0287-32-2565
■入浴料  500円
■営業時間  10:00~20:00
■泉質  共同噴気泉単純酸性硫黄温泉(硫化水素型)  79.2℃ pH2.6 120.6L/min 成分総計0.414g/kg
■定休日  不定休
※一部の画像はYahooから拝借



関連記事
[ 2017/01/18 00:39 ] 温泉 温泉 栃木県 | TB(-) | CM(0)

久々に神様とキャラバン ⑧塩原共同浴場 「中の湯」で湯活  (2017/01/08入湯)


DSCF0493.jpg


神様に塩原の温泉力を味わってもらいたくて、中の湯まで来ました。昨年クリスマスイブにソロで訪問した時は、先客が2名いらして、お話しながらの入浴でしたが、今回は嬉しいことに独泉になりました。女風呂の神様も独泉でした。

寺の湯の裏手にあり、新湯温泉神社へ向かう道沿いにひっそりと建つ共同湯で、ここの湯は新湯地区の旅館が引いているものと同じ源泉を利用している。

扉を開けてすぐに脱衣所です。かなり狭くこじんまりとした建物です。小さいながらも「寺の湯」のような混浴ではなく、ちゃんと男女が分かれているところが凄いなあ。

DSCF0494.jpg


DSCF0495.jpg


前回よりもさらに熱めで、ホースで加水させてもたっての入浴です。でも湯口のバルブも少し開け放ってます。

DSCF0496.jpg


浴槽は3人入ればいっぱいの大きさで、できれば2名以下で浸かりたい。バルブ付きの塩ビパイプの湯口が湯船に向かって飛び出ている。湯色は乳白色に強く濁り、鼻を刺激する硫化水素臭が漂う、。舐めてみると酸味は「むじなの湯」や「寺の湯」に比べて弱く、湯そのものが薄いような気がします。ただい浴感はその分優しく、ツルスベ感はこちらの方が優れているかもしれません。

DSCF0498.jpg


30分ほど浸かっていると、2名の訪問があり、さらに浸かりながらの会話が弾んで、50分ほど楽しみました。この方々も湯巡りを楽しんでいるそうで、昨日は奥日光を楽しまれたそうです。

外に出て脇の階段で10分ほど涼んでから、「白樺」さんへ向かいます。因みに「寺の湯」は激混みだったようです。


■所在地  栃木県那須塩原市湯本塩原  
■営業時間  7:00~18:00 清掃日不定
■料金  300円(無人)
■泉質  単純酸性硫黄泉
■2017/01/8入湯



関連記事
[ 2017/01/17 00:10 ] 温泉 温泉 栃木県 | TB(-) | CM(0)

久々に神様とキャラバン  ⑦那須塩原市 『パン屋とカフェ メロン亭』 2017/01/08


DSCF0481.jpg


ガイドブックに載っていたパン屋さん『パン屋とカフェ メロン亭』で朝食です。実はこのメロン亭さん、名前のとおり、メロンパンが有名なお店なんです。

DSCF0482_201701111056330dd.jpg


入り口は入るとパン屋さんで、左奥がカフェになってます。まずはパン屋さんで買い物して、そのままカフェへ持ち込みです。注文はピッザトーストとコーヒー。

DSCF0485.jpg


メロンパンはあえてパスしました、カロリーを気にしてるので。次回のお楽しみです。

DSCF0486.jpg


このクリームパンは絶品です!!カスタードクリームにかぼちゃをトッピング、実に美味い!!これはお代わりありですね。

DSCF0487.jpg


ピッザトーストも具沢山でボリューミーで美味しくいただきました。

ここのパンは実に美味しいんです。どのパンを食べても、しっとーりふあふあで食べ応えもあってお気に入りです。特にクリームパンは外せませんよ!

ごちそうさまでした。


■店名  「パン屋とカフェ めろん亭」
■所在地  栃木県那須塩原市塩原709
■TEL  0287-32-2926
■営業時間  9:00~17:30
■定休日  不定休



関連記事
[ 2017/01/16 00:01 ] グルメ グルメ 栃木県 | TB(-) | CM(0)

久々に神様とキャラバン  ⑥朝の散策 甘露山妙雲寺 2017/01/08


DSCF0473.jpg


DSCF0474.jpg


DSCF0475.jpg


DSCF0476.jpg


臨済宗妙心寺派甘露山妙雲寺は800年の歴史をもつ。平清盛の妹妙雲禅尼が開祖といわれる由緒ある臨済宗の寺。敷地内で毎年5月に行われる「ぼたん祭り」では、二千株を超えるぼたんが一斉に花をつけ、境内を埋め尽くし、その艶やかで美しい姿は訪れる人の心を癒してくれる。

DSCF0477.jpg


DSCF0478.jpg


DSCF0479.jpg


DSCF0480.jpg


DSCF0483.jpg


私は神社仏閣巡り、ご朱印巡りも好きなんです。なぜか落ち着く参道、境内、本堂に魅了されてしまいます。新緑の時期の塩原、「ぼたん祭り」には再訪してみたいです。


■所在地  栃木県那須塩原市塩原665


関連記事
[ 2017/01/16 00:00 ] 観光 観光 栃木県 | TB(-) | CM(0)

久々に神様とキャラバン ⑤湯活 「秀山閣 佐か茂登」 2017/01/07入湯


DSCF0451.jpg


DSCF0452.jpg


藤屋さんでのおやつの後は目の前の「秀山閣 佐か茂登」で、湯活です。お初の訪問になります。

事前に電話で入浴確認して4時30分までの入館でOKいただいてるので、安心です。ここでも湯巡り手形が活躍しました。そうそう、神様の手形も先ほど観光旅館組合さんで購入してきました。ありがたく半額料金を払って、手形と湯めぐりの両方にスタンプいただきました。

DSCF0454.jpg


DSCF0465.jpg


入り口正面右側には立派な吊るし雛がお出迎えです。春を感じますね、神様は見入ってました。館内の雰囲気もとても良い感じで素敵です。

浴場は右手奥、ドアを開けると綺麗な脱衣所、さらに奥に大浴場があります。残念ながら内湯だけのようです。

DSCF0456.jpg


DSCF0457.jpg


洗い場からの湯船の様子は柱が邪魔をしていて、全体を見回せないが、脱衣場から一歩踏み入れたポジションからは全体が見渡せる。

DSCF0461.jpg


湯船の角の上部の湯口から大量の源泉が投入されています。源泉温度が高いため加水されているが、その水は沢水を使用している。湯温はまさに適温で、しっかり管理されています。塩化物泉らしい湯質を感じながら、じっくり浸かると、大量の汗が噴出します。湧出量は毎分72リットル源泉を所有しており、地下70メートルから良質の温泉がこんこんと湧出している。

DSCF0460.jpg


アメニテイーも充実していて、とても良いですねえ。駐車場からも直近ですし、対応もGOODで、ありがたく入浴できました。

車に戻ってビールをプシュッ!!今日のつまみはお魚市場で購入した刺身です。

DSCF0466.jpg


DSCF0471.jpg


アンコウの酢味噌和えは大好物です。ビールがすすみます。市場のオヤジさんのお勧めのマグロの赤身も美味いです。

DSCF0469.jpg


DSCF0468.jpg


DSCF0467.jpg


ここでは地デジがNHKしか映らないのが、ただ一つの欠点です。昨晩の寝不足も考慮して、この日は21時には就寝です。静かな駐車場なので爆睡できそうです。

■所在地  那須塩原市塩原684 
■TEL  0287-32-4321
■入浴時間 14:30~17:00
■入浴料金 700円
■源泉名  坂本屋源泉
■泉質  ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(低張性・中性・高温泉)  水素イオン濃度:pH 6.9  成分総計:1,140 ㎎/㎏
■泉温  63.2 ℃ 使用位置:41.0 ℃前後
■湧出量:72 ㍑/毎分(動力揚湯)




関連記事
[ 2017/01/15 00:00 ] 温泉 温泉 栃木県 | TB(-) | CM(0)

久々に神様とキャラバン ④栃木県塩原市 「くだものやカフェ藤屋」 2017/01/07


20170108_084541.jpg


駐車場は門前の旅館組合の裏手の駐車場に入れました。前回12/23日と同じ駐車場です。

20161230164931848_20170110144945bb5.jpg


20170107_152838_20170111090151ee3.jpg


20161230164934029_2017011014494799f.jpg


到着してすぐに向かったのは前回もお世話になった「藤屋」さん。女将さんはいらっしゃらなかったですが、ご主人が対応してくれました。

20170107_154929.jpg


注文はとて焼きとフルーツグラタンをコーヒーセットで。

20170107_154501.jpg


「フルーツグラタン」はふわっとしたカスタードクリームの中に新鮮なフルーツが甘酢っぽく味わえてバランスが絶妙です。「とて焼き」はスイーツをパンケーキで包んだもので、どちらも美味しく頂きました。神様も甘味好きなので、嬉しかったみたいです。

2016123016493847ds_201701101500382d8.jpg


それにしてもペレットストーブは暖かいので、有難いですね♪(/・ω・)/ ♪

20170107_160532.jpg


明日の湯活の情報収集です。まずはゆ~バスの時刻表をチェック。1時間に一本ぐらいはあると思ってましたが、意外と少ないのには驚いてしまう。

20170107_183754.jpg



■店名 通りの茶屋 藤屋
■所在地  栃木県那須塩原市塩原689
■TEL  0287-32-2314
■営業時間  [月~金]9:00~18:00[土・日・祝]6:00~18:00
■定休日 水曜日



関連記事
[ 2017/01/14 00:00 ] グルメ グルメ 栃木県 | TB(-) | CM(0)

久々に神様とキャラバン ③茨城県道の駅 日立おさかなセンターで車中泊&朝ごはん


DSCF0431.jpg


DSCF0430.jpg


20170107_104706.jpg


温泉に浸かって出発!向かったのは茨城県の「道の駅 日立おさかなセンター」です。今日はここで車中泊します。ここはお初の訪問です。

20170107_102228.jpg


昨夜は下の子のあんずの粗相で大騒ぎ、トラックのエンジン音と重なって、寝た気がしない!

DSCF0432.jpg


お目当ての漁師の店は今日は営業しないそうで、残念です。ということで、市場内を徘徊します。

20170107_095204.jpg


20170107_095809.jpg


20170107_095655.jpg


アンコウの酢味噌和えを発見!タイミングよく購入できました。

20170107_095543.jpg


続いて「めひかり」のパック!これまたラッキー!いい買い物ができました。

20170107_095354.jpg


最後に干物を購入です。冷凍のまんま、焼いてくださいねと教えていただき、少し多めの購入です。

DSCF0448.jpg


DSCF0439.jpg


DSCF0440.jpg


買い物を済ませて、朝ごはんの時間ですが、市場内の海鮮焼きが気になって食べることにしました。受付でお盆を受け取って、奥の市場で買い物をしたものをロースターで焼いて食べるシステムです。

20170107_105818.jpg


20170107_105935.jpg


20170107_110032.jpg


20170107_110844.jpg


20170107_111212.jpg


20170107_111217.jpg


20170107_112328.jpg


DSCF0447.jpg


いろいろ食べましたが、感想は食材が高すぎます。おかず用の刺身類も小分けしているとは言え、馬鹿高いですし、私の感覚の2倍のお値段です。それと鮮度ですが、ホタテは全く臭くて駄目でした。素直に美味しいと思ったのは生牡蠣くらいでしょうか。燃料代ということで300円/人もおかしいシステムですね。普通の感覚じゃないので、不満だらけです。そんなんで、お魚関係で2度と訪問することは残念ですが無いでしょう。

DSCF0430_201701101327584a5.jpg


この道の駅内にある「大盛軒」というラーメン屋、凄い行列でした。しかも早朝から閉店時まで。一回は食べてみたくなりますねえ。

さっさと出発して、栃木県塩原温泉郷に向かいましょう。一般道で向かいます。

■所在地  日立市みなと町5779-24
■TEL  0294-54-0833
■営業時間   9:00~18:00
■定休日   無休


関連記事
[ 2017/01/13 00:00 ] グルメ グルメ 茨城県 | TB(-) | CM(2)

久々に神様とキャラバン ② 茨城県ひたちなか市 「阿字ヶ浦温泉のぞみ」2017/01/06入湯


20170106_195216.jpg


神様との温泉は久しぶりになります。感謝の気持はこの新しい湯めぐりバックで伝わるでしょうか?神様用には大きめの物を、私用には小ぶりなものを新調しました。心配をよそに、意外とあっさりと気に入ってくれたので安心しました。私的には派手派手で少し恥ずかしい色使いです。ビニールを編み込んで作られているので、湿気もOK,遠慮なく濡れたタオル、シャンプーなどのアメニティーグッズを放りこめます。

138666010869906153225_PB170876_20170110103512a1f.jpg


138666011808174036225_PB170877_20170110103513266.jpg


138666012633173210225_PB170878_20170110103514c6f.jpg


この湯は以前にも立ち寄ったことがあります。今回は少し混んでいるので、画像は2013年の記事のものを貼りつけました。

名物は海を見渡せる露天風呂。アロマな香り風呂や檜風呂、五右衛門風呂、洞窟風呂、サウナなどもあります。以前は風水風呂を謳ってましたが、今回はその雰囲気は全く無くなっていました。

138666120387855345225_PB170883_2017011010351689f.jpg


内湯は多少の塩素臭がしますが、気にするほどではありません。細長い湯船は湯温、深さも快適で、じっくり温まります。

138666127177118129225_PB170884_2017011010351728d.jpg

138666128057955929225_PB170885_2017011010351980b.jpg


138666128895595316225_PB170887_20170110103520cd3.jpg


138666129754519333225_PB170888_201701101035225c0.jpg


露天には源泉風呂などいくつもの湯船が用意されていて、ゆっくり&マッタリとリラックスできます。湯温もそれぞれ違うので、私的には好感がもてます。昼間なら海を一望できるんですけど、この時間帯では無理ですねえ。

138666130731772811225_PB170889_20170110103523fc9.jpg


お湯は、地下1500Mから掘り出した化石海水型の温泉ですので、色は茶色と緑のまじったような色合いで、かなり塩分が濃く、優刺激が強いタイプのお湯ですが、ばっちり温まりますし、湯冷めしません。

138666132605383226225_PB170891_20170110103526a2a.jpg


「温泉」・「療養泉」として認められる成分量の基準のなんと26倍以上の成分があるんですねえ、湯あたりには注意しましょうね。


■名称   阿字ヶ浦温泉のぞみ
■所在地   茨城県ひたちなか市阿字ケ浦町3290
■TEL  029-265-5541
■立ち寄り営業時間  10:00~22:00
■立ち寄り料金  平日900円 土日祝1150円
■泉質  ナトリウムー強塩化物泉   PH・泉温PH 不明  40℃



関連記事
[ 2017/01/12 00:00 ] 温泉 温泉 茨城県 | TB(-) | CM(0)

久々に神様とキャラバン ①茨城県大洗イエローポートで晩飯 2017/01/06


20170106_183518.jpg


20170106_183500.jpg


キャラバン初日に向かったのは那珂湊の市場寿司でしたが、下調べが不十分だったので大失態。なんと3時までの営業だったらしく、市場周辺は照明も消されていて、静まりかえっています。

久しぶりに回転すしを食べたかったのに残念でした。しょうがないのでインター近くの大洗イエローポートで晩飯をたべることにしました。ここは、いつも素通りの大型観光お魚食市場です。

20170106_183431.jpg


20170106_183411.jpg


20170106_180317.jpg


店内は一組だけで閑散としておりますが、ここは我慢です。注文は握り鮨。昼間の回転すしのネタと同じということなので、一安心です。

20170106_181022.jpg


追加でアンコウ鍋を注文。最近は我が家の地元の鮮魚店でも茨城、青森、北海道などで水揚げされたものは見ることがありません。おそらく、このアンコウも例外ではないでしょう。しかし、嬉しいことに新鮮で、プリプリのアンコウを楽しめました。お寿司は至って特徴のないものですが、今日は仕方ありませんね。ご馳走様でした。

■所在地  茨城県水戸市大串町895
■TEL  029-269-3009
■お魚市場   9:00~18:30 ※土日祝は8:30~お魚食堂 10:30~20:30 回転寿司 10:30~20:30

関連記事
[ 2017/01/11 00:00 ] グルメ グルメ 茨城県 | TB(-) | CM(0)