2013夏季青森キャラバン Part3 岩木山

不老ふ死温泉は素晴らしい温泉でしたが、建物が立派過ぎたのは意外でした。

芯まで温まったのでなかなか汗が引きません。次の目的地は岩木山です。天気予報も晴れ予想なので、山頂近くまで上って眺望したいと思います。嶽温泉も気になりますので立ち寄ってみたいと思います。


弘前側からのアクセスは道路もきれいに整備されているようですが、日本海側からの道路は一部悪路があり気を使いながらの走行です。特に20㌔あまりの山間部区間は狭路もあり特に気を使います。

岩木山スカイラインの料金所で普通車料金(JAF割引)の1550円をお支払い。神様が料金所の係の人に夕日鑑賞後にそのまま駐車場でP泊出来るか確認すると、入山記録に記入してくれればOKとのこと。もちろん、そうさせていただいて、今日は雲上の駐車場でP泊することにしました。

スカイラインといってもRがキツイ道路ではなく、緩やかなカーブの連続した道です。しかし、勾配がキツイ事には変わりがありません。今回、コーナーの立ち上がりで、初めて1速を使っての走行になりました。雲上の駐車場に到着です。駐車場には50台ほどの車で賑わっていました。

さすがに眺望は素晴らしい。若干雲があるのが残念ですが・・・。

137688008867313221581_P8100833.jpg

137688004827613115753_IMAG0372.jpg


大型車枠に駐車して、早速リフトで9合目まで運んでもらいます。

137688001977913221108_P8100824.jpg

137688000188113115685_P8100820.jpg

137688003156913115878_P8100828.jpg


9合目からは岩木山の山頂まで続く登山道がくっきりと確認できます。時間が許せば頂上を目指したいところですが、16時からではね・・・。

9合目でしばらく眺望を楽しんでリフトで下山しました。日没時の夕焼けが楽しみです。
        
さくら&あんずも涼しくてご機嫌です。

137688016409613221340_P8100838.jpg

137688015381913222302_P8100837.jpg


いよいよ日没の時刻が迫ってきました。残念ながら若干の雲があり地平線まではクッキリと言う訳にはいきません。それでも、素晴らしい景色を体験できました。
137688018543813221105_P8100842.jpg

137688020113413115685_IMAG0377.jpg

137688021683113221426_P8100848.jpg


日没後に係の方が挨拶に来ました。今日の車中泊の台数を聞いてみると、我が家を含め2台だけだそうです。単独では心細かったので、少し安心しました。熊の生息地でもありますので、さすがに単独では不安になります。登山者の車中泊がある場合にはトイレの夜間専用入り口が開放されているそうです。こんな心使いが妙に嬉しくなりました。

翌朝4時には目が覚めたので、日の出直前を画像に残しました。
137688110228213222469_P8110850.jpg

137688112436813116762_P8110851.jpg

137688114685613222555_P8110853.jpg


今日はゆっくり岩木山を下って、まずは嶽温泉でお風呂を頂こうと思います。
関連記事
[ 2013/08/11 00:23 ] 観光 観光 青森県 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する