スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

グレンスフォシュ・ブルークス ワイルドライフ

斧と言えばフリーマーケットで購入した物を3本ほど所有しています。全て和斧です。40~50年は使いこまれている物もあり大事に使ってはいるが、最近キンドリングアックスの斧身が薄くナイフのような鋭さに惚れ惚れしてしまった。ソロキャンプにはサイズもちょうど良く、使い勝手が良さ気なので1本調達してみた。
136020242985613112365_gb_r1_c1.gif


136020245118413202773_wildonfe.jpg


説明書きは「小型の片手斧。キャンプ生活や冒険旅行のためのスカウトハチェットとして愛用されます。また、ストーブ用の焚き付けを作る手軽な斧として便利。初心者にも使い易いので、「最初に買うべき斧」といわれています。革製のケースで刃の部分が保護されており、リュックサックに入れたり、ベルトにぶら下げたりして、簡単に持ち運びが出来る小型タイプです。裏庭で枝を切ったり、キャンプファイヤー用に枝木を切り裂いたり、いろいろな作業に使えます。」こんな説明です。
136020244032913112624_gb_r7_c2.jpg


■ 生産国:スウェーデン
■ サイズ:刃渡り 76mm 、柄長 340mm 、斧身 445g
■ 主な用途:枝払い、焚付材作り
関連記事
[ 2013/03/24 00:07 ] キャンプ道具 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。