スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

CELUS製TYPE CDF №7052 後期モデル

TYPE CDF №7052です。フランス製の軍用ストーブです。、メーカーはCELUSのもので、燃料はケロシン(灯油)です。製造は1957年と本体に記載されています。このモデルは昨年珍しく国内で発見!ほぼ「NOS」コンディションで入手しました。
135976475505313113978_yutaka7804-img600x450-13509098277xoigs75581.jpg



手元に届いて、梱包を解いて早速状態確認。素晴らしく状態はいいです。しかし、ポンピングしても全く圧がかかりません。とにかく全分解してメンテナンス(メンテナンス記事は後日アップします。)が必要ですね。スペアのパーツも付属していましたが、足らないものもいくつかあり自作したりして楽しめます。付属品は予備パーツ缶(ポンプカップ、パッキン、ノーリターンバルブ、ブラシ)、NRVレンチ、ロート。(紙製取説はありません。)
135976478341413203769_yutaka7804-img600x450-1350909828atpff375581.jpg
135976481930413202616_yutaka7804-img600x450-1350909828i1smad75581.jpg

まずはポンピング。次にプレヒート用のハンドルを左へまわして五徳の下の部分に燃料を送ります。五徳の下のカバーの穴から着火して、しばしプレヒート。焦ってはいけません、燃料はケロシンなので時間をかけます。そしてメインハンドルを回してバーナーに着火させます。こんなイメージですが、現在は圧もかからないので出来ません。
135976492355813112316_P1010295.jpg

フランスらしい何とも言えない洒落た印象のストーブです。コールマン軍用523のようにアルミ製の取っ手の付いたケースが素晴らしい価値ある1台です。2号機は実用にゲットしましたが、タンクに亀裂が2箇所あり銀ロウでのロウ付けが必要です。さあどうなりますか、無事に記事アップにたどり着けるかなあ!
[ 2013/02/27 00:33 ] 箱ストーブ 箱スト フランス | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。