テンティピ エルドフェル ストーブ Pro

冬季キャンプにおいてテンティピテントとの最強ツールは何と言ってもテンティピ エルドフェル ストーブ Pro(薪ストーブ)です。
135951329921513111455_tentipi_eldfell_stove1.jpg

  
135951334077613112385_135900077835413102127_P1040358.jpg

長年薪ストーブは使い続けていますが、コールマンスクリーンテントや各社ドームテント内での設営には煙突出しの処理がスッキリせず、おまけに面倒くささが先にたちます。このストーブはテンティピテント専用であり、しかもテントにはあらかじめ煙突用の出し穴まで加工されているので、スッキリ安心設営が可能です。
135951840626213115436_P1040402.jpg


薪ストーブは煙をテント外に効率的に排気しますので安全、テント内に暖かさを提供するだけでなく、鍋をのせて料理をしたり、濡れた物を乾かすことができる冬場のキャンピングに非常に重宝する道具です。
135951331959413202771_135900074832513101452_P1040368.jpg

135951333375013111791_135900176212413225289_P1020312.jpg

135951343141813200458_135900920409113230421_P1030335.jpg


煙突部分などは分割でき、すべてストーブ本体内に収納可能です。少々重いですが、専用の木製Boxが付属しますので楽に持ち運びできます。 

テンティピテントは天井が高いですので、煙突の上部はテントで支えることになりますが、ストーブ自体は低重心なので雪上でもしっかり安定します。材質は本体・煙突ともにステンレススチール製なので錆びることはありません。掃除も簡単です。燃焼室の奥行きは50cm程度あるので、のこぎりで薪を分断する手間も省けます。

■追加説明 細かいパーツがないので無くす心配がありません。煙突上部には保護パイプを装備しており、テントが熱で損傷することを防ぎます。
■スペック 収納サイズ33x38x66cm 重量7: 14.6kg 9: 15.1kg 15: 15.6kg 付属品 木製の収納Box、日本語レファレンスガイド


■Tentipi テンティピ Eldfell ストーブ 設営方法
関連記事
[ 2013/02/09 08:13 ] キャンプ道具 薪ストーブ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する