2006年GWキャラバンPart2 乗鞍 湯けむり館

夕日に染まる乗鞍連峰

129489470650616307660_DSCF1460.jpg



乗鞍観光案内所のすぐ隣に位置します。
最近は新たな源泉も利用するペンションなどもあるようです。

ここ湯けむり館は泉質、設備、雰囲気、などのどこを取り上げても素晴らしい施設ですので多くの方が利用しています。無料駐車場も複数あり、とても便利です。


129489730664716307869_127784082310616312768_100619_yukemuri-2.jpg


129489708222616212587.jpg


乗鞍高原温泉の源泉は湯川の上流にあって、乗鞍高原まで7kmほど引湯されている。現在は周辺のペンションや旅館など約100軒で使用されている。

歴史はそれほど古くはなく、昭和初期に湯川上流で湯花の採取が行われ始め、その後1976年に乗鞍高原まで引湯できるようになった。


浴室には甘い硫黄の香りがする。床も壁も木製の浴室に、ふちが太い木で造られた大きな浴槽がある。大きなガラス窓があって落ちついた雰囲気の浴室だ。

内湯は青白色、ややぬるめ。浴槽の底に黄色い湯花がたまっていて、お尻につく。お湯をなめると、苦酸っぱい味がする。それほど強い味ではない。酸性が強いので小さな傷がヒリリとする。


129489740289916308388.jpg


129489745160516211964.jpg


かけ流しだが、流量が少ないのでぬるめ。浴槽内の熱交換器で加熱している。

露天風呂は源泉の投入量が多く、熱めだ。こちらもかけ流し、浴槽内の熱交換器で加熱(この日はほとんど加熱していなかった)。塀があるがそれほど高くないので山の景色が望める。気持よい風が通ってなかなか気分が良い。


129489746926716307990.jpg


湯上りに休憩室に行った。休憩室の中央には大きな暖炉があって山小屋のようだ。太い丸太のままの薪が燃えていて、ゆったりした気分になれる。浴後の体は油が抜けた感じでさっぱりするがに硫黄泉なので硫黄の香りが体に残り、P泊中も2、3日は香っている。

我が家は夏の避暑目的で温泉を楽しめるという事でとても気に入っています。



■所在地  長野県松本市安曇鈴蘭4306-6  
■TEL0263-93-2589
■泉質  単純硫黄温泉【硫化水素型】 温度は43.7℃、pH=3.14、成分総計934mg。
■営業時間   9:30-21:00
■受付  20:00まで
■休館日   火曜(祝日のとき翌日)
■料金   700円
■公式HPはこちら  
■入浴日  2006-04-29 2009-08-14 2010-08-15
関連記事
[ 2006/04/29 20:32 ] 温泉 温泉 長野県 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する