2012年夏キャラバン Part1 星野リゾート磐梯山温泉ホテル 朱嶺の湯

■避暑目的とは言え、良い湯には入りたい我が家。昨年、認識を改たにした鳴子温泉は外せない。色々悩んで取りあえず向かったのは静かな道の駅「裏磐梯」。


■到着は夜中。キャンピングカーは姿無しでバンコンが数台と車中泊の乗用車が数台。大型車枠にもテーブルを広げたままの車が。最近車中泊が増えているようだが、マナーの悪さが目につく。それもいい年をした年配者に多いのがとても残念。この日はすぐにベッドイン。明日からの行程を考える暇も無く、涼しく快適な一夜を過ごしました。

■朝の散歩を終えて向かったのは日帰り温泉の「西ノ沢温泉たなべの湯」。朝6時からの営業に魅かれて向かったけれど、商売っ気の無さげのおばちゃんに12時からと知らされて、とっとと撤退。梅花藻が咲くせせらぎを有していて期待しただけに残念な結果に。温泉天国というアプリでは必ずTELして確認しないとこんなことが度々起こります。
134509060653013213103_P8090011.jpg


■気を取り直して向かったのは「磐梯山温泉ホテル」。有料道路入り口すぐ脇に位置しています。近隣の大型施設はどこもクローズ状態で廃墟化していました。福島の復興への道のりは厳しいと現実に感じてしまいます。駐車場はゆったりしていて大型キャンピングカーでも大丈夫です。通常は地元の方だけに開放していると聞いてはいたが、フロントで確認すると、快く入浴の許可がでた。看板には磐梯山温泉ホテル、タオルにはおおるりと2つの名称がありどちらが正式なのかはっきりしないまま入浴することに。
134509063626413213588_P8090012.jpg

134509062691913214231_P8090013.jpg


■2008年6月に開湯した「朱嶺の湯
会津漆器をイメージしたモダンデザインの浴室。守り続けてきた森から生まれたヒバの湯船が香る、癒しの空間です。浴槽内の浅瀬では、寝そべったり腰をかけたりしながら、磐梯山から吹き下ろす心地よい風を感じることができます。また、磐梯山麓から湧き上がる源泉掛け流しの天然温泉は、保湿効果のある「美肌の湯」として評判。


■館内はとても落ち着く雰囲気で、とても清潔感があります。スタッフの対応も素晴らしくポイント高いです。
134515973294613109735_P8090014.jpg

134515974833113202979_P8090015.jpg


■コインランドリーもあるので長期キャラバンには重宝しますね。
134515976159313202978_P8090016.jpg


■内湯の朱嶺の湯です。入浴客がいらしたので、許可を得て一枚だけ画像撮らしていただきました。湯温は41度くらいでしょうか、とても入りやすい。落ち着く浴場の雰囲気と大好きな伊香保に似た湯質に大満足な立ち寄り湯になりました。
134515978768913202979_P8090023.jpg


■キャンカーに戻ってしばらく休憩。車内ではさくら&あんずは超リラックス。さくらの振り向いた表情が笑えます。何か?って言いたげです。
134516032199813202979_P8090029.jpg


■車内で昼食を摂ってから前から気になっていたキャンプ場に電話してサイトの空きを確認すると、今日から2泊なら大丈夫とのことなので、急遽キャンプインすることに。ここから20分程度の距離、慌てる事はありません。

■施設名  星野リゾート 磐梯山温泉ホテル
■所在地  福島県耶麻郡磐梯町更科字清水平6838-68
■星野リゾート予約センター TEL 050-3786-0022
■泉質名 ナトリウム塩化物泉強塩温泉


関連記事
[ 2012/08/09 00:01 ] 温泉 温泉 福島県 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する