那須・日光・那珂湊キャラバン 老松温泉

知る人ぞ知る老松温泉。廃墟の珍温泉が那須湯本にあるという事で、以前から気になっていましたが、ついにやってきました。坂を上った所に左右に別れて、右が管理人の住居兼受付の建物、左が浴場の建物になっています。
20121121102.jpg


老松温泉の歴史は70年ほどで、戦後に先代が当時宿をやっていた人から購入し現在は2代目だそうだ。入浴料500円を払うと、御主人が『いい湯だから、ゆっくり浸かってね』と一言ありました。
20121121103.jpg

20121121104.jpg

恐る恐る建物内へ。さらに階段を下って行く。

20121121105.jpg

20121121106.jpg


男女別の内湯があり、この時は2つある浴槽の内、片方しかお湯ははられていませんでした。東日本大震災以前は2つの浴槽を使用していたらしい。それ以降は1日おきに交互に使うようになった、とのこと。

20121121113.jpg

20121121111.jpg


20121121110.jpg20121121112.jpg

老松温泉の源泉は独自源泉で約30度ほど。パイプで作られた蛇口は2つあって、一つは鉱泉、一つは加熱された温泉を出す事ができるのも魅力。
20121121114.jpg20121121116.jpg

湯はすっきりした硫黄臭がし、硫黄の味と苦み+エグミがするいわゆる那須湯本の温泉よりサラッとした感じです。
201411221.jpg

201411222.jpg


湯船に浸かって見る窓からの景色はとっても綺麗で川の音が聞こえ、気持ちいい~。
20121121107.jpg

20121121108.jpg

20121121109.jpg


■名称  老松温泉 喜楽旅館
■所在地  栃木県那須郡那須町大字湯本181
■TEL (0287)76-2235
■利用時間  8時~20時/500円
■泉質  不明(硫黄性の弱アルカリ泉と思われる)
■日帰り利用のみで、宿泊は不可


関連記事
[ 2014/11/30 00:46 ] 温泉 温泉 栃木県 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する