栃木ー茨城温泉巡り 板室温泉 幸の湯

連休前日の夜出発は連日の忘年会の疲れから脱せず断念しました。連休初日の午前中からのんびりとお出かけです。雪道は怖いので安全に栃木の近場の温泉を目指します。ふと頭に浮かんだのが「幸の湯」。急遽、那須の手前のインターで降りて向かいました。
2回目の訪問(初入浴記事はこちら)ですが、落差のある打たせ湯と畳敷きの廊下が印象的な一軒宿です。到着する頃には山から風に運ばれてきた粉雪が舞ってきました。
2011年12月幸の湯022011年12月幸の湯01




2011年12月幸の湯03

駐車場では他県ナンバーの車も多く、けっこう人気があるんですね。フロントで入浴料1000円を払って浴場に向かいます。
2011年12月幸の湯04

2011年12月幸の湯05

2011年12月幸の湯06

2011年12月幸の湯07

脱衣場のドアを隔てて内湯があります。それほど大きな湯船ではありません。

2011年12月幸の湯102011年12月幸の湯11

湯船の一部は寝湯にちょうど良い深さで楽しめます。湯温も41度前後でちょうど良いですし、この日は強めの金属臭で源泉を感じます。
内湯のさらに奥は露天と打たせ湯があります。ここで気が付きましたが、明らかに前回とは違うレイアウト。そうなんです週替わりで男湯と女湯が入れ替わります。
2011年12月幸の湯162011年12月幸の湯20

この露天の雰囲気は◎です。とても解放感があって広々、リラックスできます。湯船の縁は木造りで感触もいい。露天の屋根はがっしりとした木組みで重厚な感じもいいですよ!
2011年12月幸の湯202011年12月幸の湯21

2011年12月幸の湯222011年12月幸の湯23

2011年12月幸の湯25

湯船のほぼ真ん中には源泉の注ぎ口があって、アクセントになっています。
2011年12月幸の湯192011年12月幸の湯18

最奥には打たせ湯のパイプが3本あります。前回の訪問から今日の女湯の方が湯量が凄いと思います。
2011年12月幸の湯09


とても気持ち良いお風呂でした。また、来たいなあ~!

関連記事
[ 2011/12/23 11:20 ] 温泉 温泉 栃木県 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する