スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

横川 おぎの屋 峠の釜めし

幼少のころから慣れ親しんできた峠の釜めし。おそらく100食以上は食べていると思う。この駅弁を目の前にすると、そのころの思い出が鮮明に脳裏に浮かぶから不思議だ。プラスチック容器の中の漬けものが子供ながらに楽しみだったのを覚えている。

131855478469113203314_DSCF1360.jpg



「何かご要望はありませんか。」今から約55年前、おぎのや会長である故・高見澤みねじは、自らホームに立ち、旅行者ひとりひとりの駅弁へのご意見・想いを聞いて回りました。そこで、彼女はひとつの答えにたどりついたのです。「あたたかくて、家庭的な楽しいお弁当が求められている」と。お客様と向き合うその真摯な姿勢が、新たな駅弁開発のきっかけとなり、1958年、益子焼の土釜に入った駅弁、「峠の釜めし」が誕生したのです。

131855480415613126809_DSCF1363.jpg


陶器の器って、いいよね。昔はたまりすぎて、処分にに困ったことも度々。
ふたをあければ整然と並べられた具材。栗 ごぼう 椎茸 鶉の卵 あんず 筍 紅生姜 杏。具をよけて、最初に下の飯とごぼう、鶏肉を味わう。ご飯には予想以上に味が染みこんでいている。この味にほっとする。筍、うずら卵と一緒にいただき、大好きな杏で箸休め。
保存剤代わりにいれたという杏は 釜飯の中でも異彩を放つ。これは好き嫌いで意見が分かれるところ。
じわっと汁を浸みこんだ椎茸に挑む。どんこみたいな食感で美味い。

峠の釜飯の素晴らしいところは香の物にも手を抜かないところ。
5種の香の物は釜飯の味にアクセントをつけ 箸をすすめさせる。私の中で峠の釜飯は永遠に不滅です。
.

おぎの屋  峠の釜めし 横川店
■所在地  群馬県安中市松井田町横川297-1
■TEL 027-395-2431
■営業時間 平日 8:30~18:30
■土日祝日 8:00~18:30
関連記事
[ 2014/11/13 00:25 ] グルメ 駅弁 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。