エアータンクとコンプレーッサーが付いた

シャフトの横のデッドスペースにタンクが収まった。シャーシに固定するように寸法録っては平板と溶接の繰り返しで何とかぶら下がりました。
PB080099.jpg


PB080101.jpg


圧縮時の水抜きとお遊び用の大型ゴムボートのエアー注入を考慮して、バルブを設置しました。

コンプレッサーは中古品でエアー漏れにてこずりましたが、Oリング交換で何とか回復、たぶん大丈夫でしょう。
PB080102.jpg

関連記事
[ 2014/11/10 08:00 ] キャンピングカー 快適化 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する