スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2011年夏季東北濁り湯巡りキャラバン Part12 泥湯温泉奥山旅館露天風呂

大露天風呂:旅館を出て水車の少し先にある別棟にある露天風呂です。以前は中央に仕切りのある混浴露天だったそうですが、今は完全に男女別の露天になっています。源泉はおそらく本館と同じなのでしょうか?。薄い乳白色のお湯がなみなみと湯船を満たしています。湯船からはむき出しになった白い山肌や小地獄が望め、開放感のある湯浴みが楽しめます。ちなみに底は砂利敷きになってます。

doroyu_20141104161950415.jpgdoroyu2_2014110416195180b.jpg

■奥山旅館泥湯露天風呂!

2011東北キャラバン001216

2011東北キャラバン001217

2011東北キャラバン001218

2011東北キャラバン001219

2011東北キャラバン001216

2011東北キャラバン001220

2011東北キャラバン001221

2011東北キャラバン001222

2011東北キャラバン001225


■源泉注ぎ口

2011東北キャラバン001223


完全な貸切状態で20分程入浴出来ました。天狗の湯と違ってはっきりとした白濁の湯と底に沈殿した湯泥はまさに泥湯の名に恥じていません。この日の湯温がかなり低め、おそらく38度くらいで温まるという訳にはいかないので、再び天狗の湯に戻って改めて温まりました。
        
あまりに有毒ガスの注意書きが気になるので早めに撤収です。鳴子に向かいますがこの先の狭路走行は危ないので398号線まで戻って向かいます。

■泉質  単純硫黄泉
関連記事
[ 2011/08/21 15:47 ] 温泉 温泉 秋田県 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。