スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2005年群馬栃木キャラバンPart2 万座高原ホテル(旧万座高原ロッジ)

万座温泉は比較的大型車でも駐車場の心配が要らず安心です。

万座は初めての地。いくつかある日帰り入浴可能な温泉から選んだのが「万座高原ロッジ」です。選んだというより道なりに走っていたら最初に見かけた施設だったというのが理由です。

2006年4月より「万座高原ホテル」に名称変更しました。
129437750776816216382_man-09-60.jpg



渓流に面した混浴の石庭露天風呂(水晶の湯、嬬取の湯など)の9つの風呂が有名です。

男女別の脱衣場があり女性の脱衣場からは女性専用露天風呂に直接行けるようになっています。
混浴の露天風呂にはバスタオル(館内で販売)を着けて入浴できます。
この状態での入浴は雰囲気が壊されるので私は好きではない。この日も数名の女性が入浴していたが、女性専用露天の入って欲しかったというのが本音です。

露天風呂は囲まれ感はあるものの解放感があり気持良く入浴できます。

大きさでは「水晶の湯」「白滝の湯」が大きく、20人くらいは大丈夫な大きさです。


129437753542916216385_manzar-1.jpg


129437752488316317480_1.jpg


それぞれの湯船にはン乳白色の硫黄泉が注ぎ込んでいて、湯の花も確認しながらの源泉掛け流しである。

館内にも男女別の内湯が2つと露天があり、こちらも白濁している。内湯は熱め、ぬるめで温度が違う。


129437751590716128074_im000269.jpg


内湯のすぐ外にも屋根の架かった露天があり、落ち着いた雰囲気で入浴できます。

129437754412116317449_2.jpg



■所在地  群馬県吾妻郡嬬恋村万座温泉
■TEL  0279-97-1111(万座プリンスホテル)
■営業時間  9:00~18:00
■入浴料:  1,100円
■源泉名 / 姥湯、錫湯、大苦湯1号、2号、3号の混合泉 、自家源泉
■湯船の源泉について 錫湯、大苦湯3本、姥湯の源泉5本の混合泉。鈴湯、大苦湯は湧出量が少ないため、姥湯  源泉を混合している。渓流沿いに並んだ白滝の湯、水晶の湯(ともに混浴)、女性専用の嬬取(つまどり)の湯の  3つの湯船に注がれており、その色は左中央の写真のように黄色から緑色をして濁っている。また、そのとなりに並んだ乳白色の湯船(写真左上)は姥湯のみを引湯。この源泉のみ万座プリンスホテルと分湯している。

■泉質   酸性・含硫黄-ナトリウム・マグネシウム-硫酸塩・塩化物温泉
■定休日  無休
■風呂種類  露天風呂(混浴7、女2、男1)内風呂 (女1、男1)
■駐車場  あり(無料)
■公式HPはこちら  http://www.princehotels.co.jp/manza-kogen/index.html
■入浴日  2005.08.27
関連記事
[ 2005/08/28 19:47 ] 温泉 温泉 群馬県 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。