スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

採ってみたいホンビノス貝

成貝の殻長は最大で10cm以上になる比較的大型の貝であり、厚く硬い殻の表面には同心円状の肋が表れる。殻の色は生育環境により白っぽいグレーから黒ずんだ色と変化に富む。ハマグリと比較して丸みが強く、左右非対称で、殻頂がやや曲がった形をしている。
128754796661416220085_honbinosugai.jpg


東京湾で、北米原産の大型の貝であるホンビノスガイが増殖しているらしい。白ハマグリとかいう名称でスーパーマーケットでも売られているとか。
ネットでホンビノスガイで検索すると日記にこの貝を求めて潮干狩りなんて記事も多く目にします。

鹿島灘でチョウセンハマグリとか呼ばれている大型の貝とは別物なのでしょうか?

以外にも遊び上手な方が多い私の周りでもこの貝を掘ってきたという話題は聞きません。
ただで楽しめる獲物は私の遊び心を熱くさせます。来年はぜひとも狙ってみたい獲物の一つです。



江戸前ホンビノス貝、新たな資源?それとも…


水揚げされたホンビノスガイ(15日、千葉県船橋市で) 東京湾で、北米原産の大型の貝であるホンビノスガイが増殖している。

 貨物船の出港地で積まれるバラスト水に混じって侵入したと見られ、在来種が好まない水質の悪い場所でも繁殖している。海の生物多様性保全は、名古屋市で18日に開幕した生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)でも議題になるが、陸に比べて対策が遅れている。新たな漁業資源と歓迎する向きもあるが、専門家は「本来の生態系を取り戻すための環境整備が必要」と指摘している。

 千葉県・船橋漁港。15日朝、漁から戻った船の上から、ベルトコンベヤーでホンビノスガイが次々と水揚げされた。5隻分の漁獲量は約1トンで、東京・築地市場などに出荷される。同漁港で仲買業を営む内海金太郎さん(30)は「船橋の新名物として知名度が上がってきた。在来種への悪影響も出ていない。出荷できる貝の種類が増えた」と、“よそ者”を歓迎する。

 ホンビノスガイはハマグリほどの大きさで、米国ではクラムチャウダーの具材になる。東京湾で見つかったのは1990年代半ば頃。富津干潟や三番瀬など湾内に広く住み着き、1平方メートル当たり数百個が生息しているところも。日本では、焼きハマグリのように食べたり、酒蒸し、つくだ煮としても食べられている。

 侵入ルートとして有力視されるバラスト水は、生態系を壊すと世界中で問題となり、国際海事機関(IMO)は2004年、バラスト水に含まれる生物数を抑える排出基準を盛り込んだ管理条約を採択したが、まだ発効していない。発効に必要な30か国の批准に達していないためで、国土交通省によると、9月末の批准国は27か国。船に搭載する排水の浄化装置の準備が必要なことなどから、日本もまだ批准していない。

 国立環境研究所の五箇(ごか)公一主席研究員によると、外来生物の9割以上は移入先の環境に適合できず死滅するが、ホンビノスガイは、江戸前の生物が住めない酸素不足の海底でも生息できるため、増殖したとみられる。

 だが、東邦大学理学部東京湾生態系研究センター長の風呂田利夫教授(海洋生態学)は「外来種が酸素不足を助長し、水質悪化の一因になっているのでは」と警鐘を鳴らす。例えば、東京湾のコンクリート護岸には、外来種のムラサキイガイなどが大量付着しているが、この貝の死骸(しがい)を海底でバクテリアが分解する際には、酸素を大量消費するという。風呂田教授は「東京湾では温度の高い生活排水の流入や干潟減少などで在来種が住みにくくなっている」として、対策が急務であると指摘している。

 ◆バラスト水◆

 貨物船が積み荷なしで航行する場合に、重心を低くしてバランスを保つために港で積み込む海水。別の港で荷積みする際に排出される。国土交通省に残るデータ(1997年)では、日本の海では年間1700万トンが排出される一方、3億トンを海外へ運んでいるという。海の生物の外来種移入をめぐっては、船底などに付着する貝類も問題になっている。

(2010年10月18日14時41分 読売新聞) 
関連記事
[ 2010/10/22 09:31 ] 楽しいひと時 ホンビノス、あさり | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。