2009年夏季キャラバン 24 草津温泉 白旗の湯

白旗(しろはた)の湯は、草津にたくさんある共同浴場の中で観光ガイドでも紹介されている所のひとつ。無料の共同浴場の中で最も大きく、1994年に建て替えて建物も比較的新しい。草津のシンボル湯畑のすぐそばにあって人気がある。湯畑前の駐車場に車やバイクを停めて入る人や、付近の旅館から入りに来る人でにぎわっている。夜は酔っぱらいに注意。

白旗の湯 (205x154)



源頼朝が建久四年(1193)八月三日浅間山麓で巻狩をせし時たまたま此処に涌き出ずる温泉を発見し入浴したと伝えられる当時は「御座の湯」と称していたが明治三十年に源氏の白旗に因んで「白旗の湯」と改称された。

湯船は2つあり、激熱とそれに比べ温め。お湯は源泉そのもので、非常に熱い。あまりの熱さに足先だけで退散しました。私には被り湯も無理でした。臭いはさほどなく、色はやや白濁している。なめてみると非常に酸っぱい味がした。


激熱の湯

129799382966516130970 (205x154)


少し温めの湯

129799381761516130512 (205x154)


温泉街の散策も楽しみの一つですし、魅了がいっぱいの草津です。


■所在地 群馬県吾妻郡草津町大字草津  
■TEL  02790-88-3642(観光協会)
■入浴時間   5時~23時
■定休日  年中無休
■泉 質  含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉  ph2 強い酸性 
■入浴料金   無料
■温泉旅館協同組合HP  
■入浴日  2009-08-18

関連記事
[ 2009/08/18 20:20 ] 温泉 温泉 群馬県 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する