2009年夏季キャラバン 20 野沢温泉 中尾乃湯

野沢温泉の入口、中尾地区に建つ外湯です。周りには畑や住宅が広がり、温泉街といった雰囲気はありません。しかし、訪れてみると、野沢温泉の外湯でも一番大きい重厚な寺社造りの共同浴場に驚きました。

先客が2名いたが、しばらくすると誰もいなくなって、貸切状態になった。

中尾乃湯



浴室の中も広く、脱衣所と一体になったタイプです。湯船は2つに仕切られ、真ん中の湯口から蕩々と湯が流れています。

中尾乃湯2


湯はとても熱く、いったん小さな方の湯船に流れ込み、仕切りの一部でつながった大きな方の湯船に流れ込むようになっています。3~4人が浸かれる小さな湯船の湯温は50度前後、10人ほどが浸かれる大きな方の湯船でもかなりの熱さでした。無色透明の湯は玉子臭がし、ゴミのような湯の花がたくさん浮かんでいます。雰囲気と共に湯もなかなかよく、気に入った外湯になりました。

透明だが濃厚。身体の芯までガツンと染み渡るような入浴感は、並みの温泉では味わえない。野沢のお湯は、やはり別格。



■所在地マップ参照  http://www.nozawakanko.jp/pdf/townguidemap-j.pdf
■営業時間  4月~10月 5:00~23:00 11月~3月 6:00~23:00
■源泉名   茹釜、下釜混合
■泉質  含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩温泉,pH8.9
■泉温  81.9℃(気温2.0℃)
■料金  寸志
■入浴日  2009-08-18

関連記事
[ 2009/08/18 17:39 ] 温泉 温泉 長野県 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する