スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

栃木県那須町 高雄温泉

前日から道の駅友愛の森で車中泊させていただきました。朝食を軽く食べて車内でマッタリ。

Image008 (2)



Image010.jpg


おおるり山荘が日帰り客を迎え入れるのは11時から、浴室の清掃が終わってからだ。時間を合わせるように那須街道を上って行き、温泉神社を左折、ところどころに別荘を見ながら目指す。

無題000


無題08png


以前は火事で廃業した旅館跡に野湯ができ、ファンも多かったそうですが、現在はその跡地に「おおるりグループ」が進出し「おおるり山荘」となっています。当初は無料で開放していた露天も内湯込みで500円也。以前は入浴のみ400円でしたが、タオル付きで500円に。

アクセスは湯本の温泉神社手前を左折し、旅館「松川屋」を通り越し右折、そのまま15分も上がると到着します。

宿の外観は、まだ新しいですが「山荘」と言うよりは鉄筋集合住宅のような印象。中に入ると正面がフロント、左側がロビー、右側が売店となっています。ロビーは座席数もそこそこあり、湯上りの休憩に良さそうです。内部も小綺麗で、清掃も良く行き届いていました。
 
フロントで料金を払い、タオルとハブラシを渡されます。

まずは内湯へ。湯船は長方形で天然石を配してなかなかの重厚感。壁にも天然木を使い、全体的にちょっぴり高級感を漂わせています。「おおるりもやるじゃない」と素直に感心しました。

Image014 (2)


Image016_2014090918215311d.jpg


湯船は20人くらいまで入れそうなサイズ。湯温も露天よりもほんの少し高く、体感で湯船が39~40度、源泉で41度といったところ。少しぬるめがこの温泉の特徴の一つです。

カランも数多くありシャンプーやボディーソープも完備されていました。t立ち寄りのベストタイムは11時の清掃直後です。宿泊客を送り出してますので貸しきり状態。ゆっくりと湯浴みを堪能できます。 

次に期待の露天風呂へ。いったんは建物外に出なくてはなりませんので内風呂で浸かってからの身体に「タオルを巻いて一心不乱に廊下を進みます。


Image018 (2)


楕円形の湯船にゴロタ石を配した造りで、7~8人は入れる大きさ。
遠くに視線を移すと那須の街並みや山々が見えます。露天のすぐ脇には源泉の流れ出しもあり、小川のように流れていました。素晴らしい眺望で時間の経つのも忘れます。

湯は一見すると、湯本よりも若干水色掛かった白にごりで、白濁の度合いも強く見えます。浴感は至極柔らか。源泉を飲んでみるとレモン味は感じられず、苦味もマイルド。硫黄臭は湯本のそれより強めの感じられるが、実際は同じ硫黄泉でもこちら高雄温泉は中性で、湯本の酸性湯よりマイルドなのです。その分女性やお子さんには刺激も少なく喜ばれるかもしれません。

毎分800Lの湯量とのことですが、湯船の大きさと比較すると源泉投入量が少なく感じました。

源泉温度が41度と低いので冬季の露店入浴は後悔することになりますのでお勧めできません。身体を流してから露店でゆっくり浸かるのがいいですね。



■施設名  那須高雄温泉おおるり山荘
■所在地  栃木県那須郡那須町湯本212-486  
■TEL  0287-76-6321
■源泉名  高雄温泉
■湧出地  栃木県那須郡那須町湯本字高雄135
■泉質  含硫黄ーカルシウム・マグネシウムナトリウムー硫酸塩・炭酸水素塩温泉(硫化水素型)
■営業時間  11:00~ 毎日の清掃後入浴可
■入浴料  500円
■入浴日   2008-04-05 ・2008-09-15 ・2009-03-09 ・2010-04-11
関連記事
[ 2008/04/05 21:15 ] 温泉 温泉 栃木県 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。