スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

二見興玉神社参拝


明日の伊勢参拝を前に


二見興玉神社参拝です。


まずは龍宮社を参拝


DSCF1012.jpg


DSCF1013.jpg


もちろん御朱印も頂きました。


19388655_314931768943055_5548670300527737312_o.jpg


海沿いの参道をさらに奥に進みます。


DSCF1008.jpg


DSCF1009_201706191527433e4.jpg


ゆっくり歩いて10分程で参拝できました。


DSCF1006_201706191527354d1.jpg


うかつにも御朱印帳を


忘れてきたので、購入しました。


神様との絆が一層深まるように


お守りも購入です。


19221909_314931495609749_1672695192662124332_o.jpg


DSCF1004_2017061915273504f.jpg


DSCF1003_2017061915273662b.jpg


夫婦岩


DSCF1007.jpg



【二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)は、三重県伊勢市二見町江にある神社である。旧社格は村社で、現在は神社本庁の別表神社。境内の磯合にある夫婦岩(めおといわ)で知られる。
猿田彦大神と宇迦御魂大神(ここでは神宮外宮の豊受大神の別名とされる)を祭神とする。

夫婦岩の沖合約700メートルの海中に沈む、祭神・猿田彦大神縁の興玉神石を拝する神社である。
猿田彦大神は天孫降臨の際に高天原と豊葦原中津国の間の道案内を務めたことから、「道開き(導き)の神」といわれている。この神の神使は蛙で、神社参拝の後に神徳を受けた人々が神社の境内に蛙の塑像を献納するため、境内には無数の蛙像が並んでいる。これは「蛙」の「カエル」に「無事に帰る」「貸した物が還る」「お金が返る」の「カエル」を掛けた 験担ぎである。

夫婦岩(めおといわ)は日の大神(天照大神)と興玉神石を拝むための鳥居の役目を果たしている。古来、男岩は立石、女岩は根尻岩と呼ばれていたが、いつの頃からか、夫婦岩と呼ばれるようになった。】以上、ウィキペディアより



ポチっとお願いします。
     ↓
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村  
関連記事
[ 2017/06/20 00:00 ] 観光 観光 三重県 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fureburus840.blog.fc2.com/tb.php/1488-a2fa08eb










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。