2007年GWキャラバンPart2 奥鬼怒温泉郷 加仁湯

鬼怒川の最上流の源流域にある日光国立公園内の奥鬼怒温泉郷には、標高1400mの地に八丁湯・加仁湯・日光沢温泉・手白澤温泉と4つの温泉が点在しています。、いずれも1軒宿で、これらをまとめて奥鬼怒四湯とも呼ばれています。

この区域は、日光国立公園内に有ることから一般車は進入禁止のため、奥鬼怒温泉郷の湯に浸かるには女夫淵の無料駐車場に車を停めて、徒歩でのアクセスになります。鬼怒川沿いの遊歩道は歩きやすいので、ちょっとしたハイキングになります。4軒の中で1番手前にある八丁湯までが徒歩70分前後 八丁湯から加仁湯も10分程です。


129604504847416303144 (500x375)



129604508517616117449 (500x375)


女夫淵の無料駐車場は大型車でも大丈夫ですが、前日夕方以降に到着してP泊がおすすめです。途中に狭路があるので朝方は帰り車が対向車になり走り辛くなります。P泊条件はトイレもありますし、夜は静寂で爆睡できます。

129604526988716215483 (500x375)


遊歩道を歩いているとサルの群れやニホンカモシカを見かけます。下記画像はカモシカです。

129604524371316304573 (500x375)


秘境の宿と言えば ひなびた宿をイメージするものですが、加仁湯は、秘境の宿とは思えない鉄筋の立派な建物である。

129604521035916118916 (500x375)


館内に入ると浴衣を着た何人もの宿泊客があちらこちらに。  さすが奥鬼怒温泉郷奥鬼怒四湯1番の人気宿。因みに加仁湯は、どうしても入りたい!日本の秘湯ベスト10にランクインし、なんと5位である。

フロントで入浴料500円を払い、早速露天風呂へ! まずは第3露天風呂(混浴)へ。


129604549256116304137 (500x375)


129604545877416217317 (500x375)


129604542994916303147 (500x375)


男女別々の脱衣所から混浴露天風呂に。朝一の日帰り営業時間に合わせて女夫淵を出発したお蔭なのか貸切での入浴になりました。

乳白色の正に硫黄系の湯、これぞ 「温泉」って感じです。新緑に囲まれた自然の中の開放感ある露天風呂で眼下には鬼怒川が見えます。

湯温はちょっと熱めなので、岩の上で身体を休めながら出入りを繰り返して満喫します。混浴露天風呂は、バスタオル巻き入浴OKなので、かなり女性でも入りやすい混浴露天風呂だと思います。


        
ロマンの湯


129604562728616216223 (216x162)


        
女性専用露天


129604565271216304137 (327x245)


加仁湯には五つの自家源泉があり、ここロマン湯にある五つの浴槽で、それぞれ五つの源泉の利き湯(ききゆ)が楽しめるみたいです。

こちらの「たけの湯」は、加仁湯では珍しく硫黄分を含まない温泉で、炭酸水素イオンが多く見られ、滑らかな入浴感が得られ、刺激が少ない湯です。


たけの湯

129604556639716304970 (308x231)


他にも第2露天風呂(混浴)・内湯(男・女)・ハラハラ風呂(貸切)があり、温泉三昧の時間を過ごすことができる加仁湯です。

今回は硫黄のプンプンする乳白色の加温加水なしの良質温泉を思いっきり堪能することができました。入浴後も身体から硫黄の匂いがプンプン!!


■所在地  栃木県日光市川俣871 TEL  0288-96-0311
■源泉  ◆黄金の湯 ◆崖の湯 ◆たけの湯 ◆奥鬼怒4号 ◆岩の湯
■泉質  硫黄泉ーナトリウム・塩化物・炭酸水素塩温泉(低張性中性高温泉)
       53.8度  PH6.3  加水加温なし  源泉かけ流し  塩素系薬剤未使用
■噴出量  毎分300リットル強 平成17年5月現在
■日帰り入浴  9時~15時 
■料金  500円
■公式HPはこちら 
■とちぎにごり湯の会HPはこちら  
■入浴日  2007-05-20 ・2010-05-04
関連記事
[ 2007/05/03 14:37 ] 温泉 温泉 栃木県 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する