電車フォーンが鳴らないぞ!


20160910185510cfc.jpg


久しぶりにキャンカーを点検してみると、ジェネレータの


作動時の異音が気になって、ジェネレータ本体の前扉を


外して点検。本体がぶれてる様子もなく、前扉をはめ直すと


正常の音になった。これでOK。


次はエアーサスのゲージを確認すると、

0.1キロも入っていない。


20160910185513727.jpg


エアータンクも全く圧力なく、

スイッチを動かしてもフォーンは鳴らない、


お手上げ。


とりあえず緊急時に使うポータブル12Vの

安コンプレッサーを


稼働してエアーサスを加圧、3キロまで上げたあ。


いつものメンテナンス工場に電話を入れて、持ち込みの連絡。


スペース空けておくねと、心強い返事がかえってきた。


早速、高速を走って30分で到着。


20160910185512247.jpg


ジャッキアップして、パイプの漏れを総点検。


20160910185516e33.jpg


アルミのエアーチューブだと思っていたのは勘違いで、


アルミは形状を維持するためのもので、やはり黒いゴム形状の


ものが気密を保っているようだ。


20160910185515c60.jpg


しっかり圧力あげて漏れをチェック、部分的に断熱して完了。


帰りの高速で絶妙の電車フォーンを確認しました。


この音色は実に素晴らしい、お気に入りです。


駐車場に到着して、さらに気になる部分をチェック。


まずは、エアコンの点検、床暖の不凍液レベルチェックを終えて、


今日はおしまい。いつ、お出かけ出来るでしょうか?

関連記事
[ 2016/09/10 19:20 ] キャンピングカー 快適化 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する