東京都北区 熊野神社

鳥居をくぐると、見事な石畳だが、平らでないので歩き辛い。

P6230406.jpg



P6230405.jpg


左が拝殿、右奥が本殿です。

P6230395.jpg


P6230396.jpg


P6230402.jpg


P6230404.jpg


拝殿の左手に梛野原稲荷神社の鳥居があります。荒川の岩淵水門(現在の赤水門)と荒川放水路は明治、大正時代まで、東京都、埼玉県一帯が大雨により度々洪水に見舞われ住民はまいとし悲惨な思いをしてきた過程で建設されました。梛木野原とは荒川の対岸にあって下村の飛び地として放水路の出来るまで水田、畑として作物を生産していましたが、荒川の改修工事により開削されました。その地には当時まで鎮座し、五穀豊穣と家内繁栄を願い村人の信仰を仰いでいました。放水路の建設により現在地に移築され崇敬されております。
P6230403.jpg


熊野神社の御朱印。3本足の八咫烏が特徴的。

P6230399.jpg


AfTD5VUVR1tX7a7VX9SK45gM.jpg

熊野の神々の使いである3本足の八咫烏(やたがらす)は、近年日本サッカー協会のシンボルマークとして有名になっています。記紀神話では、神武天皇が東征の途中、天から使わされた八咫烏の道案内によって熊野・吉野の山中を行軍したことが記されています。太陽の化身とされる八咫烏の3本の足は、それぞれ天・地・人を表わしていると伝えられています。

■鎮座地  北区志茂4-19-1 
■TEL  03-3902-2140 
■最寄駅  南北線「志茂」「赤羽岩淵」


関連記事
[ 2016/07/29 00:34 ] 御朱印 御朱印 東京都 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する