スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2007年新春伊豆キャラバンPart1 伊豆市 湯治場 ほたる

修善寺、西伊豆周辺をキャンピングカーで湯楽しようと思っても、駐車場の関係でいい温泉は望めません。そんな状況の中で見つけたのが、この温泉施設です。

129577079467916321853 (640x480)



駐車場は大型車でも大丈夫ですし、許可をもらえばP泊も可能です。

129577081637216116321 (320x240)


129577087253016201541 (456x342)


ほたるの看板ですが、後ろの黒い壁の部分には黒炭が詰め込まれてます。

129577084987216114854 (551x413)


とにかく見るからに広いんです。3つに仕切られた大浴槽(実際はつながっています)は奥から源泉がかけ流しされています。湧出量が半端でなく測定不能と書かれています。しかも源泉の温度が99.1度!すごいです、只者ではありません、この温泉は。

129577091635116322654 (456x342)


ここの浴槽には、浮き輪が備え付けてあった。湯にまぎれて遊ぶ。《遊》という字の原型は、《游》と書く。子どもが水の流れに任せて漂っているさま、それに風にたなびいている旗を合わせて、表わしたものだと言われている。この遊び心溢れた巨大な浴槽をみたときに、そんな《遊》の語源ともとれる誠心を此処に見た。

129577096833516200605 (320x240)


遊び心溢れる、熱い源泉が溢れた大きな浴槽の端々には、湯を掻き混ぜるためであろうか、ボート用のオールが備え付けてあったり、夜目に見たら、きっと人影に見えて不気味であろう地蔵のような胸像が湯船に散在していたりと、非常にユニークである。夜人と間違えて語りかけないよう注意しましょうね!

129577094473416117144 (320x240)


聞けば、かつて船原ホテルという施設が潰れた跡地を再生したところだと聞いていた。リニューアルの主は、時之栖(ときのすみか)グループHPへという御殿場にもホテルを所有するリゾート開発会社の手になるものだった。

ちょっと一風変わってるな、それが第一印象。たしかに、廃墟になった、こんな大きなホテルを再建するのは、並大抵ではない。でも心ある発想がなければ、それは蘇らない。そしてさらに、船原温泉(ふなばら)は、稀に見る療養泉クラスの効能を秘めていると体感できる。

たしかに妙である。B級といえば、それまでだが、廃墟になってしまった大きなホテルと言う巨大なハコに、必要最低限な、チープなしつらえを施していく、もしかすると未完成ながら、それでも、事足りるものがある。なにしろハコはB級でも、お湯は超A級なのだから。

この他では味わえない独特の雰囲気は私は好きです。お湯に温度も必ずお気に入りの場所が見つかり長湯も可能です。風呂上りには御殿場ビールがグループ企業なのでのどを潤えますし、ビール通にも魅力がありますね。
しかし、いつも空いているのは何ででしょう?必ず貸切状態なんです。もったいないなあ!!

新設備として泡ぶろがありました、最初はこの場所に壺湯があったように記憶してます。


129577099673516321502 (576x432)



■所在地  静岡県伊豆市上船原545
■源泉名   鱒池の湯(主)・木の股の湯(副)  
■泉質   ナトリウムー硫酸塩・塩化物温泉  源泉又は採取地の温度 99.1℃  ph 8.3
■営業時間  10:00~22:00  年中無休
■入場料金  大人 700円~
■公式HPはこちら  
■入浴日  ・2007-01-02 ・2010-03-19 ・2011-01-07
関連記事
[ 2007/01/02 12:29 ] 温泉 温泉 静岡県 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。