2006年夏季キャラバンPart3 秋田県湯沢市  大湯温泉 阿部旅館

須川温泉で入浴後は秋田県へ向かって車を走らせました。
狭路を慎重に運転、大湯温泉の入口すぐのところの阿部旅館で入浴です。


129678638902516132422.jpg



秋田県の南端、宮城県との県境近く栗駒山系の山中に、川に源泉が流れ込みそのまま入浴できるという、一軒宿の大湯温泉阿部旅館がここである。この近辺には泥湯温泉や河原毛大湯滝、宮城側には湯浜温泉や湯ノ倉温泉もある。深く切り立った小安峽では激しく噴出する蒸気を間近に見学できる大噴湯もある。

129678642512316100482.jpg


129678644757816100482.jpg


129678647212116222485.jpg


暖簾をくぐって大声で声を掛けると奥からおそらくご主人であろう方が低姿勢で現れた。簡単に浴場の説明を聞き湯小屋へ。駐車場に車がほとんど無かったことから宿泊客の入れ替えの時間帯なのだろう。これは貸切風呂の予感がする。

母屋の玄関で料金を払ってさっそく湯小屋に行く。本館から湯小屋への通路を降りて行くと、まずは男女別の入口に突き当たる。ここで別れてそれぞれの脱衣所から始まり、男女別内湯、男女別露天風呂を経由して、天然川風呂へ行くことができる。男女別内湯は、壁こそ男女仕切られているが、湯舟自体はひとつに繋がっている。


129678649956916303621.jpg


129678658814716302908.jpg


お湯はそれほど熱くなく、わずかに緑色のやわらかいお湯だ。湯小屋の隣りに新しい露天風呂がある。四角い御影石の湯船だ。ここからでも川は眺められるが、その先の古い露天風呂に入る。湯船が川の中にせり出しているので眺めは最高だ。

129678655481816303881.jpg


     露天は貸切で山の緑が気持ち良い。

129678669280116302906_20101127-07.jpg


古い露天風呂の先に源泉の湯溜まりがある。そこからモウモウと湯煙が上がっている。あとで近づいて見ると温泉玉子が軽くできる熱湯だ。大湯温泉の泉質は単純硫黄泉、源泉は98度である。

大湯温泉は皆瀬川と大湯ノ沢の合流点にあり、大湯ノ沢が温泉の湧出点になっている。ここには川の中に温泉が涌く川風呂がある。ぜひ入ってみたかったが、この日は遠慮した。川風呂は6~9月の晴天時のみ利用できるそうだ。


129678661032816221788.jpg



■所在地  秋田県湯沢市皆瀬字奥小安国有林34  
■TEL 0183-47-5102
■単純硫黄泉  源泉は98度である。
■料金  400円
■入浴  8:00-20:00 
■脱衣所男女別タオル巻き入浴--露天風呂混浴-1、男女各1内風呂男女各2
■駐車場有り外来でのトイレ利用館内 ※中型車以上は駐車困難
■公式HP  http://www.abe-ryokan.jp/about.html
■入浴日  2006.08.10
関連記事
[ 2006/08/09 16:20 ] 温泉 温泉 秋田県 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する