京都観光 Part6 双竜はまさに圧巻

再度、花見小路通を歩いて建仁寺へ向かいます。向かうと言っても、参道を歩いているようなものですが。

京都最初の禅寺『建仁寺』

139035779794490680228_P1110107.jpg



京都最初の禅寺『建仁寺』の開山栄西禅師(千光祖師)は二度目の入宋で、天台山の虚庵懐敞禅師より臨済宗黄龍派の禅を嗣承され、建久2年(1191年)に帰朝されます。ここにわが国初の臨済禅がもたらされます。 
幾多の圧迫を受けながら建久九年(1198年)「興禅護国論」を書き、禅宗の時機性、国家性、戒律の重要さを強調されます。冒頭の ―大哉心乎(おおいなるかなしんや)― は今もって我々が心に刻んでおかねばならない言葉です。

139035911994272559228_P1110139.jpg


大書院内は撮影可なので遠慮なく撮影できました。

139035816370312290228_P1110113.jpg

139035817788192107228_P1110115.jpg


本坊内の大書院にて公開中の金澤翔子書「風神雷神」を見学します。金澤翔子さんは1985年6月、東京都目黒区に誕生。生まれてすぐダウン症と診断されますが、1990年、5歳の時に書家である母、金澤泰子氏に師事し、書道を始められます。
1995年、10歳のときに般若心経を書かれ、また全日本学生書道連盟展に「花」を出品されました。その後、1999年より日本学生書道文化連盟展に出品をされ、16歳のときの「舎利礼」、17歳のときの「觀」で金賞を受賞されました。

139035814367587533228_P1110112.jpg

139035812081226915228_P1110110.jpg

139035813158470105228_P1110111.jpg

139035861832754532228_P1110116.jpg

139035863806649592228_P1110118.jpg

139035867372969885228_P1110121.jpg

139035865020963679228_P1110119.jpg

139035866215811284228_P1110120.jpg


東陽坊を見学コースに沿って

139035851592256718228_P1110122.jpg

139035872028340634228_P1110124.jpg

139035873317949575228_P1110125.jpg

139035875363486068228_P1110127.jpg

139035874346830003228_P1110126.jpg

139035877317085781228_P1110128.jpg

139035882080286468228_P1110130.jpg


一度は観たかった特別拝観中の法堂天井画「双龍図」。小泉淳作画伯の筆による「双龍図」の拝観です。画伯が約2年の歳月をかけ取り組まれたまさに畢生の大作といえます。
139035904185961482228_P1110134.jpg

139035908113900862228_P1110135.jpg

139035906297662745228_P1110132.jpg


天井で睨みを利かせた双竜はまさに圧巻の一言。

139035909450853990228_P1110133.jpg


身体を清められた感覚のまま清水寺へ徒歩で向かいます。
関連記事
[ 2014/01/25 14:01 ] 観光 観光 京都 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する