スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うなぎ釣り  3回目の出撃釣果報告


今日は荒川本流ではなく、前回に続いて別の河川への出撃です。ちょっと出遅れましたが、誰も釣っていないので、のんびり行ってきましたよ。

今日のポイントは一昨日のちょっと下流です。一昨日のポイントは浚渫の影響で根掛りが多数で仕掛けのロスが多すぎました。

18033057_289196244849941_5617484191645757620_n.jpg


7時をスタートに地合いに突入です。暇になることが無いくらいに鈴が鳴ります。

8時頃に待望の60センチ弱の太うなぎをゲット!続いて65センチの今年の最大魚をゲット!順調に数を伸ばして13匹の釣果でしたが、6匹は45センチ以下でしたので、リリースしました。

18010765_289196291516603_5082989035013053866_n.jpg


18010802_289196324849933_3384732200361757980_n.jpg


今年はうなぎの当たり年かも知れません。どこまでトータル数が伸びるか?最大魚メーターオーバーが出るかもしれません。

今日は朝からストックBOXの追加と排水設備(蛇口)を一回り大きくして、今後の養生に備えました。

18057150_289644001471832_4467400334681529055_n.jpg


養生中の中身はこんな感じです。太うなぎは迫力あります。両手でも押さえ込めないくらいクネリ力が強いです。

18057914_289643934805172_8956146228272675315_n_2017042220304560c.jpg


養生中のうなぎから吐き出された小魚です。ハゼではないようです。

18034238_289644031471829_3082771255542193640_n.jpg


にほんブログ村 釣りブログ ウナギ釣りへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/04/23 00:00 ] 釣り 天然うなぎ釣り | TB(-) | CM(0)

うなぎ釣り 今年2回目の釣行報告


先日のうなぎ師の情報では全く釣れていないと言われた河川へ出撃してきました。ドバは小型ばかりで頼りないが、タックルもお手軽仕様なので、問題なし。

17時には持ち竿をすべて投入。上流、下流には浚渫船が見えてます。情報通りに川底は荒れているでしょう。

竿チョイ投げ用3㍍、リール2000番、ラインPE1.5号、亀の子中通し錘遊動式20号、針 三越うなぎ15号。

18011124_288003231635909_6003037093540031488_n.jpg


18011043_288003181635914_8892022802901654725_n.jpg



先日の雨の影響で増水気味

上げ潮狙いでしたが、時合いまでは、ほぼ下げでした。

18010105_288003191635913_729277359507010949_n.jpg


17904529_288003188302580_3883979723914814190_n.jpg


釣果は11匹(リリース小型5匹)針飲み込み中型50㌢もリリース。持ち帰りは5匹。真ん中の少し白っぽい一匹が海から遡上の青うなぎの個体です。

17991942_288003238302575_5177422187726025884_n.jpg


青色の固体は海からの上りうなぎです。これほど鮮やかな固体は滅多に出会えません。

18034314_288003244969241_7203593593219708187_n.jpg


先週末の河川よりも水温が高いこの河川、やはりうなぎの活性が高く、当たりは頻繁に忙しいほど。次回もポイントを変えて再トライです。しかし、以前から小型のうなぎ(メソッコ)の攻撃にはまいります。

にほんブログ村 釣りブログ ウナギ釣りへ
にほんブログ村

関連記事
[ 2017/04/20 18:00 ] 釣り 天然うなぎ釣り | TB(-) | CM(0)

うなぎ釣り、5年ぶり再開へ向けての準備&初釣行報告


5年ぶりに天然うなぎ釣りうを再開しようと決めて数か月。まずは釣ったうなぎをストックする設備から作りました。

庭の物置の横にストック用のBOXを置いて、ポンプの電源とパイプ切断、排水用蛇口を取り付け

17904086_286000761836156_1998884207535139336_n.jpg


水道に分岐をつけて浄水器取り付け。将来、ここでうなぎを捌くようにまな板も準備

17952701_286000765169489_1885299703401246821_n.jpg


ストックBOXの完成です。良い具合にエアー出てます。これでいつでも出撃できそうです。

17966751_286000758502823_8583172424600283640_o.jpg


餌のドバミミズ確保のためにバイクを購入。頼れるスーパーカブです。画像は新車ですが、購入は同型の中古です。これでソロキャンプもチャレンジできます。荷台と前かごは大きめなものを付けました。

17523290_283054332130799_2590674991996521389_n.jpg


河川管理が厳しくなって6~7年前からエンジン付き車両の進入が制限されているので、人力の自転車の購入です。もちろん電動アシスト付きです。大型のバイク用荷台には25キロまでの荷物が積載可能です。

17799340_283051175464448_7396022665578884253_n.jpg


午前中に足を延ばして近隣へドバミミズの捕獲に行きましたが、なかなか獲れません。30匹を3時間かけて揃えました。

いざ、5年ぶりの釣り場ポイントへ。チャリをコギコギ。20分程で到着です。普段はバイクもチャリも乗らない私、チャりは電動アシストでも意外とキツイかった。ポイントはこんなところ。先行者のうなぎ師がいらして、たっぷりと情報交換できました。

17855394_286524965117069_1111027794168405582_o.jpg


竿を出した様子。夕焼けがいいですねえ。こんな時間帯が大好きです。

17884329_286524958450403_5352325546864254729_n.jpg


夕方に小さめの45㌢が前触れもなく釣れました。拍子ぬけですね。まあこんなもんでしょうか?日が暮れた7時半過ぎに2本目をげっと。こいつは蒲焼サイズのでっぷりした55㌢。重量感たっぷりの一本です。

17951512_286524968450402_4670373560981041907_n.jpg


この日実釣の感想です。まずドバミミズはまだ時期が早く成長してませんね。ネット販売でもあるように、時期は6月に入ってからのようです。この時期の餌の確保は重要課題です。

釣り場の状況は5年ぶりでしたので、新河岸川(板橋区~北区~足立区)は船上からのユンボによる全区間浚渫が2年前にあったそうです。魚の活性は非常に悪いそうです。実釣してみないとわかりませんが。

荒川に関しては以前とまったく変わりがないですが、車両による進入は全くできない状態です。すぐに通報されるようです。もちろんパトロールも定期的にされています。

釣り場は荒川本流の川幅150㍍のポイント。緩やかな上げ潮。投げ込み位置は流れの本筋、遠投4色。
水温が低く活性は非常に低いです。うなぎの個体は冷えていました。夏季のうなぎは火照りを感じるくらいなので、やはりまだ水温が低いのでしょう。


竿先の送り込み程度しか当たりがでないので、ラインのたるみで合わせる必要があります。
護岸近くの居着きのうなぎよりも本流筋のうなぎに狙いを絞って釣る季節に突入します。できれば投げ竿でのトライが必要です。


にほんブログ村 釣りブログ ウナギ釣りへ
にほんブログ村

関連記事
[ 2017/04/17 09:22 ] 釣り 天然うなぎ釣り | TB(-) | CM(0)

潮干狩り!あさり&ホンビノスを掘ってきました。


大潮のこの日、天気も春めいてきたので、千葉で潮干狩りしてきました。

P4130004 (640x480)


P4130003 (640x480)


画像にはまばらな人たちですが、駐車場は満車状態です。天気に恵まれたのも良かったです。

P4130002 (640x480)


ソメイヨシノの親にあたるオオシマサクラが満開でした。

P4130005 (640x480)


ここは無料の公園です。もちろん潮干狩りも無料なんです。おまけにシャワーまで使わせていただける、ありがたい施設です。

P4130007 (640x480)


P4130008 (640x480)


鋤簾(ジョレン)という漁師さんが使う道具での潮干狩りは違法なので、警察に検挙されてました。

1223.png


取れ高はこんな感じです。数は少なく、約2キロほど。魚屋で売っているサイズのアサリが獲れました。ホンビノスも3割ほど混ざってますが、ご愛嬌ということで。

P4130011 (640x480)


P4130012 (640x480)


これから3時間の砂抜きです。まずは味噌汁、明日は大好きな搔き揚げでいただきます。

P4130013 (640x480)


GW明けからは本格的なホンビノス堀に突入します。うなぎ釣りの準備も進めないとね!!

関連記事
[ 2017/04/13 15:52 ] 楽しいひと時 | TB(-) | CM(0)

群馬県湯宿温泉共同浴場湯巡り ④ 小瀧の湯 2017/03/25湯活


湯宿温泉共同浴場最後の訪問は小瀧の湯です。窪湯から細い路地の先の少し開けたところにあります。距離にして2、3軒隣の距離です。あまりに近すぎます。

DSCF0794 (640x480)


DSCF0793 (640x480)


DSCF0795 (640x480)


中の造りは松の湯と似ていて、ドアを開けるとそのまま脱衣所、浴室と全て繋がっている。お風呂は長方形で、浴槽の底はタイル張りになってます。
 
DSCF0802 (640x480)


DSCF0801 (640x480)


湯船には無色透明なお湯がなみなみと満たされている。地元の方が入浴中なので、挨拶をさせていただき、了解をもらって撮影させていただきました。

DSCF0799 (640x480)


さすがに地元の方でも熱いんでしょうね、水が投入されていて、ちょっと熱いくらいに調整されていて、入りやすい!ありがとうございます。

DSCF0798 (640x480)


入り口に向いてのポジションは落ち着きます。照明を点けても少し薄暗いですけど、それがかえって落ち着きます。

DSCF0796 (640x480)


4つの共同浴場を持つ湯宿温泉、派手ではありませんが、地元の方々がしっかりと浴場を管理されています。激熱の湯は草津に匹敵しますが、ここは穴場ですよ。駐車場が無いのがネックですが、皆様にもお勧めします。ぜひ立ち寄ってみては、いかがでしょうか?


関連記事
[ 2017/04/12 00:00 ] 温泉 温泉 群馬県 | TB(-) | CM(0)

群馬県湯宿温泉共同浴場湯巡り ③ 窪湯 2017/03/25湯活


3湯目は窪湯です。松の湯からメインストリートをまっすぐ歩いて突き当たりの路地を入ったところにあります。歩いて5分程度です。

DSCF0778 (640x480)


薬師如来の先を曲がると直ぐに立派な作りの共同浴場が見えてきた。ここが湯宿温泉共同浴場の中でも最も有名な「窪湯」だ。

DSCF0779 (640x480)


DSCF0780 (640x480)


普段は湯宿温泉の共同浴場は全て施錠されている。地元の方か湯宿温泉に宿泊した人しか鍵を手にすることはできない。しかし16時以降は地元の方が利用しているので鍵は掛かってない。
 
DSCF0785 (640x480)


DSCF0783 (640x480)


DSCF0782 (640x480)


窪湯の印象は、その堂々とした湯小屋の造りといい、石造りの浴槽といい、竹の湯とよく似ている。先ほどの松の湯とは全くイメージが違うが、照明を点けても薄暗い点はマイナス点です。松の湯は照明要らずでも明るい浴場は私的には素晴らしいと思える。
 
DSCF0786 (640x480)


湯口は中途半端なパイプから直接湯船へ落とされている。壁の正面には湯温を下げるためのホースがぶら下がっている・。

DSCF0787 (640x480)


お湯は強烈に熱い!はずなのだが・・・・先ほどの松の湯よりは温い。どなたかが入られたのでしょう。それでも44~45度はありそう。少しホースで薄めながら身体を沈める。薄暗い浴場なので、松の湯とは全く雰囲気が違う。しかも背後が入り口になるので、落ち着かない。

DSCF0789 (640x480)



関連記事
[ 2017/04/11 00:00 ] 温泉 温泉 群馬県 | TB(-) | CM(0)

群馬県湯宿温泉共同浴場湯巡り ② 松の湯 2017/03/25湯活


湯宿温泉2湯目は松の湯です。温泉街のメインストリートをさらに奥に歩きますが、ここは少し分り辛いです。竹の湯から3分くらいですが、細い路地の奥にあります。この路地を見落とさないようにしなければなりません。

DSCF0775 (640x480)


入浴可能時間の16時をとっくに過ぎているんですが、錠が掛かってます。

DSCF0773 (640x480)


DSCF0774 (640x480)


何やら足元の板を開けてみると、足湯にしては小さな湯溜め?湯温調整用?点検用?があります。ここに座らないでと注意書きが貼ってあります。

DSCF0804 (640x480)


DSCF0803 (640x480)


10分ほど座り込んで待っていると、80歳くらいのおばあちゃんが入浴にいらして、鍵を開けてくれた。こんなローカルな楽しみがいかにも共同浴場でなければ味わえませんね。

ガラガラと少し痛み気味のアルミの引き戸を開けると、いきなり脱衣場、奥には間仕切り無く、縦長の湯船がある。隣の女湯から先ほどのおばあちゃんが「熱いから、少し薄めなさい」とご指導頂きました。

意外と綺麗な脱衣場です。


DSCF0805 (640x480)


DSCF0808 (640x480)


DSCF0806 (640x480)


湯温は強烈に熱いです。先日の草津の煮川乃湯よりも熱いです。右手の壁にぶら下がってるホースをカランに差し込んで、水を足してしばらく攪拌。まだまだ熱いが息を吐きながら身体を沈めます。おばあちゃんに入れましたと話しかけると、「私はまだまだ無理だよ」と返事がありました。

DSCF0807 (640x480)


湯船の壁際の部分は女湯と繋がっています。かなり特殊な構造です。

DSCF0810 (640x480)


DSCF0811 (640x480)


DSCF0812 (640x480)


ここの湯溜めが表の湯溜めとパイプで直接繋がっているようで、新鮮で超熱い湯が満たされている。このように、この湯を掛け湯として汲めるように工夫されている。

DSCF0813 (640x480)


DSCF0809 (640x480)


先ほどの竹の湯の直後なので、サクサクッと入浴して、おばあちゃんに感謝して、後にしました。いい湯をありがとうございます。感謝!感謝です。ありがとうございます。

■泉質、入浴時間等は4箇所の共同浴場共通です。詳しくは竹の湯記事にて確認してください。



関連記事
[ 2017/04/10 00:00 ] 温泉 温泉 群馬県 | TB(-) | CM(0)

群馬県湯宿温泉共同浴場湯巡り ① 竹の湯 2017/03/25湯活


お友達からの情報でこの温泉を知りました。特に興味があるのは共同浴場が小さい温泉街エリアに4つもあるということ。湯質は変わらないらしいですが、共同浴場ファンとしては、ぜひ、お邪魔したいということで、日帰りで行ってきました。

温泉街には全く駐車場がないので、今回はマップルで確認した広いにチェーン着脱退避所に駐車しての訪問です。

DSCF0754 (640x480)


温泉街の入り口のモニュメント、湯けむり塔と湯宿温泉マップ


DSCF0757 (640x480)


DSCF0755 (640x480)


DSCF0756 (640x480)


湯宿の共同浴場は細いメインの通りの左右に直近であるので、とても巡りやすいですが、入浴できる時間がPM4時からなので、少しゆっくり目です。

最初に向かったのは竹の湯。湯けむりの塔から100メートルも無い距離なので、すぐに到着しました。メイン通りの右手側。外観はいかにもと言う共同浴場の佇まいです。

男湯と女湯の間に、祠状に可愛らしい赤いポストがある。この小さなポストは郵便物を入れるためのものではないが、良く分らなかった。ちょうど地元の方が入浴されているようで、歩行補助具が男湯の前に置いてあった。

DSCF0758 (640x480)


DSCF0759 (640x480)


脱衣場には管理されてる方のお名前の札がかかっています。善意の箱が置かれています。外来者は感謝の気持ちで必ず100円は最低でも投函しましょうね。

DSCF0771 (640x480)


DSCF0770 (640x480)


DSCF0772 (640x480)


DSCF0769 (640x480)


引き戸越しに内湯があります。石造りの正方形に近い湯船です。2人が入れば窮屈なくらいの大きさです。偶然に身体に不自由がある少年と一緒の入浴となりました。

DSCF0768 (640x480)


DSCF0767 (640x480)


お湯は少し熱いが我慢するほどではないです。とろみとか肌触りを楽しむ余裕は無い。なんとも言えない臭いを感じるが、表現が難しい。ひょっとしたらシャンプーの残り香か?とも思ったが、少年はシャンプーも使っていないようなので、やはり湯の香りでしょう。浴槽と壁は石でできている。比較的新しく綺麗な感じがする。

DSCF0765 (640x480)


DSCF0763 (640x480)


無色透明な湯ですが、少し熱めでゆっくり浸かる、額から汗が滴り落ちる、とにかく浸かりやすい湯質に感謝!一つ目からたっぷり浸かってしまった。

DSCF0761 (640x480)




■所在地   群馬県利根郡みなかみ町湯宿温泉
■泉質   ナトリウム・カルシウム-硫酸塩温泉
■時間   午後4時~9時 時間外は鍵が掛かっている。
■利用料   1回100円(宿泊者であっても同様にお願いします。)
■男女別内湯




関連記事
[ 2017/04/09 00:00 ] 温泉 温泉 群馬県 | TB(-) | CM(0)

栃木県キャラバン那須千本松牧場内 「DULCERIA(ドルセリア)」 2017/03/19グル活


栃木県の那須千本松牧場内に、ミルクのお菓子「VACA DULCE(バカ・ドルセ)」シリーズを販売する「DULCERIA(ドルセリア)」がオープン。昨年10月8日(土)より休日限定で営業している。これを目当てに入園して、開店30分前から並んでみる。

P3190617.jpg


P3190618.jpg


P3190619.jpg


先頭に並んでいたので、もちろん販売スタートして一番に味わうことができました。スペイン語で「甘い牝牛」を意味する「VACA DULCE」は、アルゼンチンの人々が大好きな「ミルクのお菓子」(ドルセ・デ・レチェ)を忠実に再現したシリーズ。今回、第一弾として発売される「バカ・ドルセのソフトクリーム」は、しぼりたての低温殺菌生乳から生まれたソフトクリームと、ドルセ・デ・レチェの濃厚キャラメルのような味わいが楽しめる一品。牛乳に対するこだわりがつまった、ここだけの限定スイーツだ。

P3190622.jpg


P3190623.jpg


P3190624.jpg


P3190625.jpg


P3190627.jpg


世界新聞の記事によれば、『ちなみに、宿泊した安宿のオーナー曰く、幼い時に瓶詰の「ドルセデレチェ」をベロベロ舐めて、おかんに怒られるのはアルゼンチン人が必ず通る道とか…この人らどんだけドルセデレチェ食べたいんやろ……(笑)

正直日本人にとって少し甘過ぎる様に感じるドルセデレチェですが、慣れればミルキーで優しい甘さにきっとはまると思いますよ!

調べてみたら、「ドルセデレチェ」は南米各国で食べられているようです。カロリーも大匙1杯70カロリー程と決して低く無いのですが、南米にお越しの際は是非、「ドルセデレチェ」体験してみて下さいね!!』

陽のあたるベンチに座って、ホットドリンクと冷たいバカ・ドルセのソフトクリーム。しばし恋人気分で味わってました。

皆さんにもお勧めです。販売時間に注意ですよ、56分間ですからね!


■店名  DULCERIA(ドルセリア)
■所在地  栃木県那須塩原市千本松799
■TEL  0287-36-1025
■営業時間  14:00~14:56※土日祝限定



関連記事
[ 2017/04/02 00:00 ] グルメ グルメ 栃木県 | TB(-) | CM(0)

栃木県キャラバン 「塩原 釜彦」 2017/03/19グル活


昨年末のクリスマスイブにはスープ入り焼きそばを「こばや」でいただきました。今回は神様も同行してるので、未訪の「釜彦」に入店です。こちらは駐車場も大きいし、綺麗なので、我が家には好都合です。

6544a643.jpg


塩原名物数あれどご当地グルメといえば「スープ入り焼きそば」でしょう。作り方は炒めたてのソース焼きそばをどんぶりに入れ、しょうゆ味のスープを注いで出来上がり。驚く人もいるけれど、これが塩原温泉で50年以上も愛されている「スープ入り焼きそば」なのです。見た目はラーメン?食べると焼そば?しょうゆ味のスープは徐々にソース味と融合して独特の風味に変わっていきます。塩原温泉を語る上で欠かせないこの一品。(塩原温泉郷公式HPより)

店の前は何度も通っているのですが初訪問です。ちょうどお昼時だったのですが店の奥の砂利のところに愛車を停められました。次から次へと車、バイクが入ってきます。まずは順番の名前を記入します。待ちは10番目くらいでしょうか。もう1軒のスープ焼きそばの店こばや食堂は温泉街にあって地元の人や宿泊客などが訪れやすい立地ですが、ここは町からは少し離れています。この店も以前は温泉街にあり、営業はしていませんが今でもその店舗は残っています。

P3190605.jpg


P3190606.jpg


約20分ほどで名前が呼ばれました。回転は超速い!店内は綺麗でテーブル席とカウンター、それに小上りが3卓あります。壁にはぎっしり有名人の色紙。

P3190607.jpg


メニューは迷うことなく、スープ入焼そば750円。それとチャーハン。

P3190609.jpg


一口スープをすすってみると、「こばや」ほど焼きそば感が無い!麺の上にはキャベツとなるとの細切り。鶏肉が目一杯のってます。柔らかくておいしい。「こばや」ではお肉の切れ端がちょこっと入っていただけだったので、これは高得点。

P3190610.jpg


P3190612.jpg


ちょっと縮れた麺をすする。キャベツの甘みとうっすらソース味。スープは少し塩辛いなあ。

チャーハンも美味いですよ。具はほぼ無いけど。セットメニューにして欲しいですけど。

P3190613.jpg


P3190615.jpg


美味しく頂ました。私の好みは「こばや」に軍配が上がりました。皆さんはいかがでしょうか?


■所在地   栃木県那須塩原市塩原2611
■TEL  0287-32-2560
■営業時間 11:00~15:00(売り切れ次第閉店)
■定休日  不定休




関連記事
[ 2017/04/01 00:00 ] グルメ グルメ 栃木県 | TB(-) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。