信頼できるE-CAT工場

納車時からのエンジンルーム内からの異音が少しずつ大きくなってきました。この異音はどこから発せられているのか不安で仕方ありません。先日は群馬渋川のハイマーセントラル(フィールドライフ)に持ち込みましたが、原因どころか、点検すら出来ないあり様。ここの整備力では結果が出ないと判断し、ハイマージャパン紹介のイーキャットさんにお世話になりました。
130544928019516418051_DSCF0333.jpg

関連記事
[ 2011/05/22 18:51 ] キャンピングカー | TB(-) | CM(0)

かなや&ばんや Part5 最終日は「ばんや」

今日の起床は7時。夜中は少し蒸し暑かったのでベッドルームの窓を少し開けて涼しい風を入れての就寝でした。しかし、最近のお出かけはどこへ行っても強風ばかりです。

散歩を済ませてばんやへ向けて出発しました。かなやから海沿いの国道を走って8キロほどの距離です。

ばんやの駐車場の整備がますます進んでいました。スーパーODOYA寄りの海岸沿いの砂利の駐車場が広く使いやすくなってました。国道から直接出入りができます。広々と使いやすいんですが、今日みたいな強風の時は困ってしまいます。風邪で砂が舞い上がって車内がザラザラして埃っぽく不快です。強風で海は荒れてますが風裏の港内は穏やかです。
かなや51

関連記事
[ 2011/05/22 18:21 ] グルメ グルメ 千葉県 | TB(-) | CM(0)

かなや&ばんや Part4 漁師料理かなやで晩ご飯

かなやのメニューには焼き魚や煮魚がごく僅かでした。半数近くのお客さんが卓上コンロでの貝焼きやエビ焼きなどを注文していました。お勧めは地元?で獲れる貝12種らしいです。魚類が少ないのは我が家には致命的ですけど、私は貝類が何よりも好物なので、まあ、良しとしましょう。
貝5種のかき揚げ。これは美味し!
     
かなや41

関連記事
[ 2011/05/21 23:48 ] グルメ グルメ 千葉県 | TB(-) | CM(0)

かなや&ばんや Part3 浜辺の湯

褐色の浜辺の湯に浸かります。料金は850円とちょっとお高い。この海辺の湯は2006年12月にオープンした施設。露天から見る眺望は素晴らしく、特に夕日の時間帯がお薦めで、空いていれば最高の贅沢な時間が過ごせます。
P1150910s.jpgP1150912s.jpg


絶壁の建物の2階部分に浴場があるので眺めは最高のはずですが、今日は曇りがちです。
まずは、内湯へ。褐色の湯。濃いコーヒー色とでも言ったらいいのかな?
かなや26

かなや22

かなや34

かなや23


露天は最高の眺望の湯です。目の前の海は解放感タップリ!
かなや28

かなや31

かなや33

かなや35


お高い割に混んでました。お湯が特徴あるので、人気があるんですね。もう少し湯船がデカイと言う事なしです。風呂から上がってキャンピングカーに戻りTV鑑賞して過ごします。

■所在地  千葉県富津市金谷525-17
■TEL   0439-69-8500
■料金  750円(休日850円 28年9月値下げ)
■平日  10:00~20:30(20:00受付終了)土日祝: 9:00~21:00(20:30受付終了)
■泉質  炭酸水素塩泉


関連記事
[ 2011/05/21 18:16 ] 温泉 温泉 千葉県 | TB(-) | CM(0)

かなや&ばんや Part2 漁師料理かなや

漁師料理かなやで昼食です。震災の影響なのか週末の昼時にしては店内はガラガラです。テーブル席の半分以上は空席です。
かなや08

関連記事
[ 2011/05/21 16:52 ] グルメ グルメ 千葉県 | TB(-) | CM(0)

かなや&ばんや Part1 かなやで磯遊び

金曜日夜からのお出かけがなかなか実現できないこの頃。キャンピングカーをフルに使うにはやはり金曜移動が必須なんですよね。まあ、しばらくはしょうがないですが。

さて、今回は近場でしばらくお邪魔していないばんやと未訪問のかなやでの食べまくりと噂には聞いている浜辺の湯での褐色の湯の体験です。

土曜日の9時過ぎに出発。首都高をどのルートを走っても渋滞なので、両国ルートでスカイツリーを間近で見ながらのルートを選択。どうせ渋滞ですから。大型ボデイなのに、首都高の走行はとても楽で快適です。ジャンクションなどの合流も視界良好で不安は全くありません。

アクアラインの海ほたるから先の走行は強風の中を安全運転で70キロ走行。真横からの強風で車が振られます。

かなやに到着は12時を過ぎてました。マイミクさんからのP泊駐車位置情報そのままに駐車しました。丁度引き潮タイムなので、まずは眼下の海岸で磯遊びに突入!遊びと言っても磯玉採りです。その土地土地でいろいろな呼び名があると思いますが、地元の方は磯玉と呼んでいる巻貝です。少しの塩で茹でて楊枝などでほじくって食べます。
かなや02

関連記事
[ 2011/05/21 16:24 ] 雑記 | TB(-) | CM(0)

立川  一撃

今日は南口にある「一撃」に行きました。ここのところ端から立川激戦区でのラーメン行脚が続いております。
130552146051516231362_DSC_0231.jpg

関連記事
[ 2011/05/20 23:50 ] グルメ つけ麺 | TB(-) | CM(0)

足立鹿浜  味噌工房 沙門 肉みそラーメン

最近お気に入りの味噌の専門店です。味噌スープ5種類を味わえ、メニューの変更もコンスタントで飽きさせません。トッピングやサイドメニューもいろいろあり、なかなかいいですよ!
129586817752716307759_201410281534244cb.jpg

関連記事
[ 2011/05/15 15:30 ] グルメ ラーメン | TB(-) | CM(0)

2011年GWキャラバン Part10最終日 かわせみ河原

道の駅白沢から一時間あまりで到着しました。
DSCF0323.jpg

関連記事
[ 2011/05/08 15:09 ] キャンプ かわせみ河原 | TB(-) | CM(0)

2011年GWキャラバン Part9 道の駅 白沢

入浴後は道の駅 白沢に向かいます。しばらく園内を散歩して、昼ごはんのサンドイッチ作りにチャレンジです。

道の駅白沢はとても空いていました。砂利の駐車場の隅っこに駐車します。トイレも新しく設置されP泊には好都合になりました。
DSCF0316.jpg

関連記事
[ 2011/05/07 23:39 ] グルメ グルメ 群馬県 | TB(-) | CM(0)

2011年GWキャラバン Part8 南郷温泉しゃくなげの湯

群馬県は本格的な温泉施設が多数あり、しかもお安く入浴できます。
南郷温泉しゃくなげの湯の駐車場は少し狭いのでキャンピングカーの駐車には気を使います。大型車は3台ほどスペースがありますが、停め易くはありません。たまたま、売店の方が誘導してくださったので、安心して駐車できました。
DSCF0301.jpg

関連記事
[ 2011/05/07 21:04 ] 温泉 温泉 群馬県 | TB(-) | CM(0)

2011年GWキャラバン Part7 道の駅 川場田園プラザ ミート工房

P泊するには臨時駐車場がいいです。トイレは全て暖房温水便座付きですし、とても静かに過ごせます。この日も5台ほどの車内泊の方がいらっしゃいました。
map_ennai.png

関連記事
[ 2011/05/07 13:41 ] グルメ グルメ 群馬県 | TB(-) | CM(0)

2011年GWキャラバン Part6 川場田園プラザ&川場温泉いこいの湯

金精峠~丸沼を通過して沼田IC手前を右折して「道の駅 川場田園プラザ」へ。併設の施設や売店などを簡単に見学しました。パン工房、ビール工房、ミート工房、レストランなど魅力的な施設が多数あります。この道の駅は5年連続で関東で人気NO.1だそうです。知らなかったです。特にミート工房の山賊盛なるメニューは行列ができるほど人気らしいです。
DSCF0270.jpg

関連記事
[ 2011/05/06 19:13 ] 温泉 温泉 群馬県 | TB(-) | CM(0)

2011年GWキャラバン Part5 つるや塩羊羹本舗

車に戻る途中で以前から気になっていたつるや塩羊羹本舗 で塩羊羹を購入しました。閉店時間が早いので過去何度も湯の湖に来ては買えずにいました。
奥日光高原ホテル48

関連記事
[ 2011/05/06 18:32 ] グルメ グルメ 栃木県 | TB(-) | CM(0)

2011年GWキャラバン Part4 湯元ヒルサイドイン

早朝の外気温は6度、車内は13度で暖房も要りません。しかし外気はすがすがしく気持良いです。愛犬の散歩には気温が低すぎるので、牧場の牛さんとの戯れは諦めて、湯の湖の駐車場に移動しました。
奥日光高原ホテル21


奥日光高原ホテル23

車内で栃木にごり湯の会 公式ガイドブックを開いて朝1番に入浴できるところを探します。通常入浴料から300円引きで入浴できます。9時からOKの湯元ヒルサイドインに決め向かいました。
奥日光高原ホテル50

途中にある足湯です。時間的に早いせいか誰も利用していませんがツアー客などには大人気です。
奥日光高原ホテル25

奥日光高原ホテル26

3分ほどで源泉に近いヒルサイドインに到着しました。創業20年の奥日光湯元温泉では比較的新しい方のお宿です。旅館というよりはペンションといった雰囲気でかわいらしい感じです。外階段でフロントへ。
奥日光高原ホテル27

奥日光高原ホテル28

奥日光高原ホテル29

入口はちょっとしたテラスのようになっていて、館内のレストランなのでしょうか?入浴料を払ってレストランを通って浴場へ案内されました。隠れ家的な浴場でとても落ち着きます。
奥日光高原ホテル30

レストラン脇の階段を下って行くと浴場があります。少し迷路的な感覚がなります。
奥日光高原ホテル31

奥日光高原ホテル32

早朝のため貸切状態で入浴できました。まずは内湯から。

奥日光高原ホテル40

奥日光高原ホテル33

奥日光高原ホテル34

奥日光高原ホテル35

こじんまりしている露天風呂。隠れ家的でいいですよ。

奥日光高原ホテル36

奥日光高原ホテル37

奥日光高原ホテル44

すぐ裏手の共同源泉を引いているそうです。お湯は少し熱めで43.5度。少し唸りながら入る感じでしょうか。浴感はツルっとしていて良く温まります。周辺の宿は加水しているところが多い中、源泉100%にこだわっているので湯は他より濃厚に感じます。大好きな湯質、とても良い雰囲気の浴場と朝から大満足です。

■所在地  栃木県日光市湯元2536
■TEL  0288-62-2434
■料金  800円
■営業時間  9時~18時
■泉質  含硫黄-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩温泉(奥日光開発㈱3号・4号混合泉) 77度 / ph6.4


関連記事
[ 2011/05/06 13:31 ] 温泉 温泉 栃木県 | TB(-) | CM(0)