4代目キャンピングカーへ乗り換え

奥日光帰りのいろは坂でアスペクト29hは10数回も切り返しが必要で苦労のしっぱなし。通常の走行や温泉巡りにはそれほど支障は無いのだけれど・・・。おまけにいろは坂では腹とリアを擦ってしまう。居住性にはこれ以上ない快適さがあるのだが、扱いには気を使う。我が家のお出かけ回数は宿泊数で言うと、年間80~90泊。毎週出かける月も多々ある。クラスAへの乗り換えも考えたが神様の一言で却下され、現実的には少し小さめのキャンピングカーへ一歩後退せざるを得ない状況になってしまった。そこで急遽候補にあがったのが、このアドリアだ。あるショップで売りに出たのを見逃さないで即連絡。あっという間に乗り換えました。

DSCF1200 (600x450)


関連記事
[ 2009/05/31 12:53 ] キャンピングカー | TB(-) | CM(0)

第二回丸焼きオフinかんな裏自由広場

前回の丸焼きオフの興奮が忘れられず、第二回丸焼きオフ会を開催しました。場所は何かと便利なかんな裏自由広場です。

料理長が選択した丸焼きの食材はというと、七面鳥でした。ちょっと小ぶりだけど、どうなの?丸焼きオフ会の信条は「成功したら思い出に残らないので、失敗する。」なのに、成功してしまう匂いがプンプンするぞ。

Image283.jpg


参加の皆さんが持ち寄った食材もなかなか豪華です。毎度の事ですが、今回もグルメなオフ会になりそうです。

Image281.jpg


Image285.jpg


Image293.jpg


Image284.jpg


Image294.jpg


仕込みに忙しい料理長、仕事以上に真剣です、たぶん・・・。

Image286.jpg


Image288.jpg


早く焼けないかなって、焼き具合が気になる面々。

Image297.jpg


Image287.jpg


Image291.jpg


Image289.jpg


Image292.jpg


ばっちり成功してしまった七面鳥の丸焼き。美味かったのだ!

Image296.jpg


Image299.jpg


Image302.jpg


Image304.jpg


ご満悦な料理長と悪友。かなり飲んでるのかいい表情だよ。

Image305.jpg


Image303.jpg


Image306.jpg


宴は深夜まで続きます。

IMG_0676 (600x400)


IMG_0678 (600x400)


Konnyちゃんにすっかり甘えるあんず。konnyちゃん、ありがとうございます。

IMG_0675 (600x400)


IMG_0679 (600x400)


IMG_0677 (600x400)


翌日、場所を変えて、かわせみ河原へ移動しました。

IMG_0681 (600x400)


楽しみ過ぎた3日間でした。丸焼きも成功して次回への期待が高まったオフ会でした。次は何を焼くの?料理長!
関連記事
[ 2009/05/17 20:44 ] キャンプ 丸焼きオフ会 | TB(-) | CM(0)

2009年GW北東北キャラバン Part24 佐利總本家 牛たんの店 佐利

仙台市内から離れても美味しい牛たんやさんは存在します。こんなところにというほど辺鄙なところで営業している名店の一つです。

場所は鳴子熱帯植物園入り口右側にあります。見た目はただの食堂ですが、名店の牛たんを味わえます。

鳴子熱帯植物園 (600x337)


関連記事
[ 2009/05/05 23:12 ] グルメ グルメ 宮城県 | TB(-) | CM(0)

2009年GW北東北キャラバン Part23 中山平温泉 名湯秘湯うなぎ湯の宿 琢琇

秋田から宮城へ。宮城県のうなぎ湯を初訪問しました。ヌルヌルの湯質を体験します。

うなぎの湯2 (600x337)


関連記事
[ 2009/05/05 22:48 ] 温泉 温泉 宮城県 | TB(-) | CM(0)

2009年GW北東北キャラバン Part22 角館散策

桧木内川堤ソメイヨシノ(国指定名勝)にはちょっと遅かったですが、さくら祭りは開催中で、大型車の駐車場も優先的に利用させていただきました。しかも桧木内川堤の際なので散策にはベストなんです。

map07.jpg


関連記事
[ 2009/05/04 21:54 ] 観光 観光 秋田県 | TB(-) | CM(0)

2009年GW北東北キャラバン Part21 田沢湖ハーブガーデンハートハーブ

乳頭温泉郷を離れて田沢湖へ向かいます。昼にバイキングの食事をします。

立ち寄った田沢湖ハーブガーデンハートハーブは、秋田県仙北市にある花あふれるガーデンです。田沢湖のほとりにあり、レストランからは雄大かつ神秘的な田沢湖が一望できます。
約250種類のハーブが自慢のガーデンやハーブティー、ガーデニングツールやハーブグッズも充実していて、休憩の立ち寄りにはちょうど良いので、立ち寄ってみた。


ハートハーブ1 (500x281)


関連記事
[ 2009/05/04 14:12 ] グルメ グルメ 秋田県 | TB(-) | CM(0)

2009年GW北東北キャラバン Part20 乳頭温泉郷 妙乃湯温泉

大湯温泉とは目と鼻の先、実は今回の乳頭温泉郷湯めぐりで一番混んでいたのは、ここ、妙乃湯です。

妙乃湯は乳頭温泉郷の中でも特に女性に人気の宿。旅行雑誌だけではなく、女性誌などでも取り上げられるほど明らかに女性を意識して作られている温泉宿です。

taenoyu1.jpg


関連記事
[ 2009/05/04 12:09 ] 温泉 温泉 秋田県 | TB(-) | CM(0)

2009年GW北東北キャラバン Part19 乳頭温泉郷  大釜温泉

大釜温泉は乳頭温泉郷の中央にあり、蟹場温泉と妙乃湯温泉のほぼ中間に位置するのが大釜温泉です。今回も歩いて散策しながら立ち寄ってみます。

129412062404916128011_59623.jpg


関連記事
[ 2009/05/04 11:09 ] 温泉 温泉 秋田県 | TB(-) | CM(0)

2009年GW北東北キャラバン Part18 乳頭温泉郷 蟹場温泉

昨日は温泉に入りまくった一日になりました。今日も朝から温泉巡りに行ってきます。

休暇村乳頭温泉郷の駐車場から歩いて向かいました。時間にして15分くらいで着きました。

近くの沢に蟹が多く住むところから「蟹場温泉」と名づけられた。宿舎から50mほど離れた原生林の中に露天風呂があり、季節の移ろいを感じながら温泉を楽しめる。

秘湯の乳頭温泉郷といっても曜日を問わずいつも賑わっている。かつては湯治中心の鄙びた宿だったが、今は立派な旅館になって秘湯のイメージはあまり感じられない。それでも鶴の湯の超混雑具合に比べれば、落ち着いた静けさを楽しむことができる。

無題5


関連記事
[ 2009/05/04 10:54 ] 温泉 温泉 秋田県 | TB(-) | CM(0)

2009年GW北東北キャラバン Part17 乳頭温泉郷 孫六温泉

黒湯を楽しいだ後は、孫六温泉へ。孫六温泉は2005年以来、2度目の訪問です。

無題3


関連記事
[ 2009/05/03 22:29 ] 温泉 | TB(-) | CM(0)

2009年GW北東北キャラバン Part17 乳頭温泉郷 黒湯温泉

田沢湖から30分ほど上ると、水沢温泉、田沢湖高原温泉などを過ぎ、秘湯の一軒宿が集まる乳頭温泉郷に着く。その車道の突き当たりの最奥に位置するのが黒湯温泉です。
今のように鶴の湯温泉が全国的に有名になる前は、黒湯が乳頭温泉郷の中では一番人気を誇っていた。


休暇村乳頭温泉郷の隅でのP泊の許可をいただき静かな一夜を過ごし快眠できました。ありがとうございました。今日は黒湯まで歩いての入浴になります。

勾配のある林道を上って行きます、路肩には残雪があり静まりかえっています。

無題1


関連記事
[ 2009/05/03 20:13 ] 温泉 温泉 秋田県 | TB(-) | CM(0)

2009年GW北東北キャラバン Part16 乳頭温泉郷 休暇村 乳頭温泉郷

休暇村 乳頭温泉は、乳頭温泉にある7つの温泉宿のうち、唯一の公共の宿です。

kyukamura_6831.jpg


関連記事
[ 2009/05/03 18:42 ] 温泉 温泉 秋田県 | TB(-) | CM(0)

2009年GW北東北キャラバン Part16 休暇村乳頭温泉郷

途中の茶立ての清水で飲み水を汲みました。毎回、我が家の休憩ポイントであり美味しい水汲み場です。

茶立ての清水


関連記事
[ 2009/05/03 18:10 ] グルメ グルメ 秋田県 | TB(-) | CM(0)

2009年GW北東北キャラバン Part15 新玉川温泉

今年の大雪の残雪の影響で駐車場から玉川温泉への遊歩道も雪に埋もれ開通していませんでした。こういう状況では玉川温泉への岩盤浴への交通手段はバスのみになります。(大型車の駐車場が玉川温泉にあればなあ。)おまけに玉川温泉ではノロウイルスの感染で日帰り客の入浴を制限中だったために入浴を諦めました。

sinntamagawa0109.jpg


関連記事
[ 2009/05/03 16:59 ] 温泉 温泉 秋田県 | TB(-) | CM(0)

2009年GW北東北キャラバン Part14 八幡平 後生掛温泉

後生掛温泉は秋田と岩手を結ぶ八幡平アスピーテラインの秋田県側に位置している。

谷の底に建物が立ち並んでいる。近くで湯気がもうもうと立ち上っていて、まるで地獄の様。ここは古くからの湯治場で、建物は旅館部分と湯治用の宿泊棟部分からなっている。

後生掛温泉1


関連記事
[ 2009/05/02 15:28 ] 温泉 温泉 秋田県 | TB(-) | CM(0)