天然うなぎで蒲焼

ここ2年は家庭の事情で本格的にうなぎ釣りには行ってませんので、ここにアップした画像は自宅で神様(女房)に献上した時のものです。
プラケースで養生中のうなぎ。このケースの長手のサイズは120cmなので、うなぎの大きさは大体わかるでしょうか?
うなぎ蒲焼05


2週間ほど泥抜きした天然うなぎを捌きます。ぷっくりと太っている極上のうなぎです。まな板にうなぎを掴んで目打ちをしようなんて素人には無理です。大暴れするうなぎをケースからすくって、ロックアイスを満たしたクーラーBOXに投げ入れます。あまりの環境の変化にうなぎはさらにクーラーBOXの中で暴れます。捌く数だけ放り込んだらしばらく放置します。30分くらいが間違いない時間です。
ここで失敗していけないのは捌くコツを忘れている場合に、一番うまそうな個体は後回しにすることです。焦って大型の肉厚を捌くと厚みに負けてうまく包丁が入りません。肉厚は最後の仕上げに捌きましょう。
うなぎ蒲焼01

うなぎ蒲焼02

表皮の下のゼラチン質の脂に厚みがあり、出刃包丁の先端に力が入ります。
うなぎ蒲焼03

うなぎ蒲焼04

うまく捌けました。60cmを超えるうなぎは身を3等分に切ります。この一切れでどんぶりにご飯がそっくり隠れてしまう程の大きさです。この切り身を串に刺すのですが、昔は竹串だったのを最近は金串に変えました。竹串では皮下の脂を刺し切れず、先端が曲がってしまい使いものになりません。実はこの串に刺す作業が一番大変なんです。捌く苦労の何倍も大変で両手が痛み出します。うっかり先端を指先に当ててしまう事もしばしばあるので、何年刺しても決して慣れません。初めての方に手伝っていただいた事がありますが、皆さんうなぎの身の強さに驚いています。
うなぎ蒲焼06

昔は蒸して身の柔らかさを求めたり、それも最長60分も蒸したことがありましたが、手間がかかるだけで味には全く影響がないのを経験して最近は蒸すことはありません。炭を使います。できれば火力の強い備長炭がベストですがなんでも構いません。ポイントは炭から直火になるような距離で焼いてはいけない点です。グリルに加工して焼き面を20cmほどあげて焼きます。遠赤で千回返しで焼くのが私の師匠の焼き方です。これが肝です。この焼き方ではスーパーのうなぎでもびっくりするくらい脂を感じながら食べることができます。おためしください。  
うなぎ蒲焼07

たれはスーパーで100円程度で売っているものに醤油、みりん、ザラメか砂糖を適量入れて一煮立ちさせ、一晩置いたものを使いました。
うなぎ蒲焼08

この日は滅多に自宅で焼くことがないうなぎを食べるわけですから、うな重の重に詰めて雰囲気を格別に演出しました。
うなぎ蒲焼09

うなぎ蒲焼10

天然うなぎの蒲焼編はいかがでしたか?いつの日かうなぎ釣りに復活しましたら、ぜひとも皆様にも味わっていただきたい逸品です。
[ 2010/10/12 08:32 ] 楽しいひと時 天然うなぎ | TB(-) | CM(0)

極太天然うなぎを食す!

今年はうなぎの釣果も安定していて、この10月に入っても安定して釣れています。

天然を口にしたことがない知人を自宅に招待して、うなぎを焼きました。

101-0113_IMG.jpg


101-0116_IMG.jpg


101-0119_IMG.jpg


101-0123_IMG.jpg


101-0122_IMG.jpg


話の流れから、うなぎ釣りに行こうということになり、お初のうなぎ釣りに参戦です。私の竿に大きなあたりがあり、彼に竿を任せます。10分くらいの格闘の末、極太うなぎを見事に釣り上げました。一生の思い出になったでしょう。

0000093M[1]

[ 2006/10/09 20:18 ] 楽しいひと時 天然うなぎ | TB(-) | CM(0)

うなぎを捌いて食す!

下りうなぎのストック消費のために、自宅で焼いてます。

ご近所さんには多少ご迷惑おかけします、すみません!

KIF_1554.jpg


[ 2006/09/10 17:58 ] 楽しいひと時 天然うなぎ | TB(-) | CM(0)