スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012年夏キャラバン Part6 鳴子温泉神社

■温泉神社の境内へ階段で・・・

2012年8月夏季キャラバン124

スポンサーサイト
[ 2012/08/12 08:55 ] 観光 観光 宮城県 | TB(-) | CM(0)

2010年GWキャラバン 3 気仙沼岩井崎

45号線をひたすら北上して、道の駅大谷海岸でトイレ休憩。
DSCF0762.jpg

[ 2010/04/29 17:20 ] 観光 観光 宮城県 | TB(-) | CM(0)

2009年宮城キャラバン 8 円通院、瑞巌寺紅葉ライトアップ

円通院、瑞巌寺の紅葉ライトアップもTVや雑誌などでも必ず取り上げられる紅葉スポットだ。今回のキャラバンの目的の一つでもある。お腹も満たされて夜を待って出撃しました。こちらも駐車場から徒歩でOKです。

観光船もライトアップされてます。

ライトアップ会場


[ 2009/11/28 22:12 ] 観光 観光 宮城県 | TB(-) | CM(0)

2009年宮城キャラバン 6 松島博物館

この建物は文禄年中に豊臣秀吉から伊達政宗が拝領した伏見桃山城の一棟で江戸品川の藩邸に移築したものを二代藩主忠宗が一木一石変えずこの地に移したものと伝えられる。

観瀾亭
建物は東西に向き京間18畳2室からなり四方縁をめぐらした簡素明快な建築である。
床の間の張付絵や襖絵は壮麗な極彩色で画かれており、柱間1間6尺5寸の京間であること、軽快な起りを持つ屋根からして桃山時代の建築であると考えられている。
藩主の納涼、観月の亭として「月見御殿」とも呼ばれたが、公式な記録によると藩主・姫君・側室等の松島遊覧、幕府巡見使等の諸国巡回の際の宿泊及び接待用の施設となる「御仮屋」として利用されていた。
江戸時代の終わりまでこの敷地内には藩主などに随行する侍の部屋、台所、馬屋など11棟あまりの建物が存在しており、観瀾亭はその中で一部分が現存しているもので我国でも貴重な建物である。


観瀾亭では、お茶(お菓子付)をいただきながら松島らしい景色を楽しむこともできます。(お茶は300円から)

godaidou05.jpg


[ 2009/11/28 19:52 ] 観光 観光 宮城県 | TB(-) | CM(0)

2009年宮城キャラバン 5 五大堂

五大堂拝観

godaidou01.jpg


[ 2009/11/28 19:38 ] 観光 観光 宮城県 | TB(-) | CM(0)

2005年宮城キャラバン Part1 娘と観光

休みの関係から滅多に一緒に出かけられない娘と一緒に出かけることができました。目的地は宮城県です。

宮城までの途中でP泊しました。場所は福島県楢葉町 湯遊ならは。大型トラックが多く騒がしいです。施設は明るく素敵ですが、お風呂は単純泉で特徴のないもので少し物足りない。(湯遊ならはの記事

少し寝不足気味で青葉城観光と牛たんの昼食を食べに青葉城跡に到着。駐車場の案内通りに車を進めるとガードマンの指示で大型駐車スペースへ。2時間の制限はあるものの無料との説明に感激しました。しかも青葉城跡に一番近い駐車場ですから。

miyagi2.png


[ 2005/07/16 09:28 ] 観光 観光 宮城県 | TB(-) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。