タイトル変更しました。


ちょうど60歳の還暦の日に温泉ソムリエマスターの認定を


受けました。一区切りを迎えた良い機会に温泉ファンから


正式に温泉ソムリエマスターに認定されたので


ブログのタイトルを変更しました。


新しいタイトルは「湯活・キャン活・津々浦々」です。


湯活=湯巡り活動


キャン活=キャンプ、キャンピングカー活動


津々浦々=日本全国津々浦々


という意味合いでしょうか。


より内容を充実させていこうと考えております。


これからも、よろしくでお付き合いください。





[ 2016/12/06 14:54 ] 雑記 | TB(-) | CM(0)

光回線不具合発生!急遽メンテナンスに来てもらった。


無題


2週間ぐらい前から、FBにアクセスしてると


突然アクセス不良に陥っていた。


何かがおかしいんだけど、すぐに復帰するので、


それほど気にしてはいなかった。


ところが、昨日は違って、ほぼ通信不良に陥った。


NTTに問い合わせると、今日メンテナンスの約束を


取れた。


14718716_194797984289768_5482184684601900715_n.jpg


14718825_194798050956428_6588261533007859470_n_20161016220217d7f.jpg



係りの方が来て、あれこれチェック。

原因は電柱から引き込んでいる回線の


途中にある中継BOXの接続不具合らしい。


軽ではあるが、リフトの付いた特殊車両で作業が始まった。


45分前後で作業完了。


おかげで通信安定してネットを利用して楽しめます。


そういえば、最近固定電話も鳴ってなかったなあ。
[ 2016/10/16 21:33 ] 雑記 | TB(-) | CM(0)

生誕300年記念 若冲展を思い出す


生誕300年記念 若冲展が2016年4月22日(金)~5月24日(火)東京都美術館で開かれた。2016年の今年は、江戸時代に活躍した画家、伊藤若冲(いとう じゃくちゅう)の生誕300年に当り、各地で大規模な絵画展イベントが開かれます。

14485026_187164188386481_4380930873501289857_n.jpg


若冲は、19世紀末に誕生した西洋・新印象派の技法をほぼ200年早く編み出し、現代のデジタルアーツ的技法を江戸時代に先取していたとも言われる孤高の天才画家として、世界的にも高い評価を受けています。

じゃくちゅう?誰?という私も、以前のNHKの放送で若冲を知り、日本が誇る天才画家・伊藤若冲の世界に触れたくて行ってきました。

チケット購入から入館まで実に5時間強を並んでの入館になりました。

14463303_187164208386479_8564537523820509653_n.jpg


記念に買い求めたのが、この公式図録
若冲展出品作全89点がこの1冊に記されている。
定価:3,000円(税込) A4変形判 327ページ
若冲の傑作、全作品89点をすべて網羅。本展監修者の辻惟雄氏や小林忠氏など若冲に関わる多くの方の原稿を掲載。生誕300年にふさわしい豪華な内容になっている。

14492322_187164161719817_1630990538526658571_n.jpg

14572766_187164145053152_6683953717704022494_n.jpg

14590303_187164158386484_8230233711317355808_n.jpg

14590244_187164131719820_2539088133524267083_n.jpg


この夜はこの公式図録を見入って2時間ほど時が経つのを忘れました。
[ 2016/10/09 07:46 ] 雑記 | TB(-) | CM(0)

田中陽気に魅せられて....


20160918153957a5e.jpg


2016091815395511d.jpg


皆さんは田中陽気という男をご存じですか?


NHKプレミアム グレートトラバースで日本百名山

&二百名山を踏破したのが田中陽気、その男。


グレートトラバース 日本百名山ひと筆書きの番組を


たまたま目にしてから、ファンになってしまった。


ザ・プレミアム「グレートトラバース外伝 田中陽希 


絶景のパタゴニアをゆく」では人間としての田中陽気自身の弱み、


強みがあちこちに顔を出し、とても内容の濃い番組になっていた。


20160918154011ace.jpg


私は登山は趣味ではないが、こんな一人のファンが


いてもいいと思う。


現在、グレートトラバース2が放送されている。
[ 2016/09/18 15:53 ] 雑記 | TB(-) | CM(0)

温泉気分になりたくて!みやぎ日帰り温泉


20160914213247535.jpg


2016091421324947a.jpg


とにかく出掛けられない私。


温泉ファンにとっては苦痛の数ヶ月。


お湯に浸かれないなら、


気分だけでもと、2冊購入。



どちらも26、27年発売と言うことで、


プレミアム入浴券は期限切れですが、


私にとっては未訪問の温泉情報満載で超満足。


しばらく熟読して温泉気分に浸ります。


新潟の温泉はいつ来るのかな?
[ 2016/09/14 21:38 ] 雑記 | TB(-) | CM(0)

テレビ番組「世田谷ベース」に登場したあの乾き物をポチッとした!


20160909173651511.jpg


テレビ番組「世田谷ベース」で、

自称「乾き物評論家」と豪語する所さんが


「びっくりするぐらいウマイ」


「オレはこれだけで生きていけるから」


「これが今のところ一位」


と絶賛しまくったあの乾き物、


ドライフルーツ&ナッツを見つけてきました。


20160909174509bc3.jpg


20160909175130397.jpg


20160909174509664.jpg


そこまで言われると一度は食べてみたいのがファンの心ってもんです。

「しかしカボチャやスイカのタネなんか食べて本当にそんなウマイの?」って正直、私も思ってました。 

で、ついにそれを体験できる日がやって来て、「あーん」と一口・・・・・モグモグモグ。 

「うわ!ホント、マジでウマイはこれ!」 

私もついついカミさんにすすめて、家族みんなで止まらなくなってるの(笑) 

失礼ながら乾き物なんて、今まで食べようとも思いませんでしたが、ホントにハマっちゃいました。何がイイってここのメーカー

がブレンドしたこの内容とその比率がまさに黄金バランスなんです。

所さんいわく「甘くもなく、しょっぱくもなく、ちょうどイイ」って。

確かにその通りなんです。手でワサッとひとつかみして、それをそのまま口に放り込むと何とも言えない超ウマ体験が待ってるん

です。

業務用パックで1kgどっさり入ったお徳用袋なので、友達なんかに少々おすそ分けしてもまだまだたっぷりありますからね。

これねー、私もそうだったんですけど、あまりのおいしさに、ついつい人にすすめたくなるの。だからこれくらいどっさりと入っ

てると重宝するんです。

小袋に50gずつ分けても20袋はできるからね!

そうそう、一つだけ注意しておきます。

これ食べ出すとホントに止まらなくなりますので、お腹フクフクしないようにね!ビールにこの乾き物、あとは好きな映画を用意

すれば幸せなひとときが待っていますよ!(〃 ̄▽ ̄〃)

※アメリカ雑貨専門店 キャンデイータワーより拝借
[ 2016/09/09 17:46 ] 雑記 | TB(-) | CM(0)

これ、飲んでみたかった!

波照間酒造所という酒蔵をご存知でしょうか?数年前に某テレビ番組で紹介された琉球最南端の波照間島の小さな酒蔵です。泡波という銘柄の泡盛です。

波照間島内での流通を目的として造られている為、生産数が少なく通常ルートでの仕入れはほぼ不可能な泡盛です。一度は飲んでみたい幻の泡盛ですね。

地元・波照間島での販売を中心に行っているため、量が作れずなかなか島外に出荷できない状況。特徴は微妙に塩分を含んだ波照間島ならではのミネラル豊富な地下水が生み出した味と飲みやすさ。

以前、知人にこの酒蔵の話をしたところ、その友人がわけありで手に入れて来たそうで、プレゼントしていただきました。いつかは自分の足で買い付けに行きたい!

20150819_153204_20150819155156bf3.jpg    20150819_153250.jpg



[ 2015/08/20 00:36 ] 雑記 | TB(-) | CM(0)

そして、じぃじになる。

11日、待ちに待った初孫の誕生になりました。名前は悠真(ゆうま)くん。どちらに似ているのか分りませんが、生まれたてホヤホヤの画像です。健やかに育ってほしいものです。大きくなったらキャンプに行こうと、耳元で囁いてしまったじぃじでした。
1439431560140.jpg

[ 2015/08/18 00:22 ] 雑記 | TB(-) | CM(0)

猛毒クラゲ

先日のホンビノス貝堀りでの最新情報では、千葉港で赤クラゲによる被害が出ているそうです。つい先日にも腰まで浸かって貝堀りを楽しんでいた成人の男子の脚部に触手が触れて毒針が刺さり、大きく腫れ上がって、かなりの痛みが出たそうです。ホンビノス堀りでは水着を着用してますが、さらに合羽などを穿く必要がありそうです。

これが赤くらげ
006.jpg


[ 2015/06/26 09:30 ] 雑記 | TB(-) | CM(2)

遊び足りなかった夏を追い求めて Part8 湯西川温泉

121号線をひたすら走って湯西川温泉を目指します。超混雑している道の駅湯西川を横目に温泉街方面に走ります。話には聞いていたけど、トンネルでつながった新道は走りやすくて気持ちが良い。

道の駅から10分ほどで水の郷に到着しました。駐車場は混雑しています。お風呂に直接行こうかと思いましたが、少しウトウトしている間に時間切れでした。

P9140570 (500x375)


[ 2014/09/23 00:48 ] 雑記 | TB(-) | CM(2)

かなや&ばんや Part1 かなやで磯遊び

金曜日夜からのお出かけがなかなか実現できないこの頃。キャンピングカーをフルに使うにはやはり金曜移動が必須なんですよね。まあ、しばらくはしょうがないですが。

さて、今回は近場でしばらくお邪魔していないばんやと未訪問のかなやでの食べまくりと噂には聞いている浜辺の湯での褐色の湯の体験です。

土曜日の9時過ぎに出発。首都高をどのルートを走っても渋滞なので、両国ルートでスカイツリーを間近で見ながらのルートを選択。どうせ渋滞ですから。大型ボデイなのに、首都高の走行はとても楽で快適です。ジャンクションなどの合流も視界良好で不安は全くありません。

アクアラインの海ほたるから先の走行は強風の中を安全運転で70キロ走行。真横からの強風で車が振られます。

かなやに到着は12時を過ぎてました。マイミクさんからのP泊駐車位置情報そのままに駐車しました。丁度引き潮タイムなので、まずは眼下の海岸で磯遊びに突入!遊びと言っても磯玉採りです。その土地土地でいろいろな呼び名があると思いますが、地元の方は磯玉と呼んでいる巻貝です。少しの塩で茹でて楊枝などでほじくって食べます。

かなや02


かなや01

かなや06

かなや04


これが磯玉、これでも立派にツマミになります。


かなや05


130605550628416404085_DSC_0204.jpg


130605552581616123058_DSC_0205.jpg


夜のツマミが用意できたので、「漁師料理かなや」で昼ごはんです。

[ 2011/05/21 16:24 ] 雑記 | TB(-) | CM(0)

絶滅寸前のミゾゴイだった…

こんな事が起るんですねエ・・・。ミゾゴイとはこんな鳥です。ボォーやボゥーと鳴くそうです。
129281717150816113307_mizogoi4.jpg


[ 2010/12/22 18:06 ] 雑記 | TB(-) | CM(0)

絶滅・クニマス、西湖にいた…さかなクン大発見!!

今朝、起きたての耳に飛び込んできたTVのニュース。あのさかなクンが大発見をしたそうだ。
わけのわからないキャラでお騒がせなしゃべりだけかと思っていましたが、こんな70年ぶりの発見に貢献するなんて見直しました。絵を描く参考にヒメマスを取り寄せたら、その中に黒っぽい個体がいたので調査依頼したそうだ。


ホルマリン漬けのクニマスです。

129238373463716112281_20100625-15.jpg


[ 2010/12/15 16:13 ] 雑記 | TB(-) | CM(0)

古井戸の「うな太郎」、体長伸びて1・79mに!

長崎市の樺島の古井戸にすむオオウナギ「うな太郎」の身体測定が15日、行われ、1年ぶりに元気な姿を見せた。

古井戸は1923年、オオウナギの生息地として国の天然記念物に指定された。現在のうな太郎は8代目。30歳前後で、人間に例えると50歳代とみられる。

市職員ら3人が網を使って引き上げ、おけに移すと、見物に来た幼稚園児や住民らから「ふとかねぇ」などと歓声が上がった。

測定の結果は、体長1メートル79、胴回り45センチ、体重12・6キロ。昨年と比べ、体長は5センチ伸びたものの、体重は2・1キロ減り、胴回りも2・2センチ縮んだ。約65年間、世話をしている幕亀太郎さん(86)は「思ったより元気そうでホッとした」と話した。

(2010年10月17日14時34分 読売新聞)


  ・      ・      ・     ・     ・      ・      ・    

この記事を読んでいて我が家も2005年5月におおうなぎを見学しに四国徳島の海部町大うなぎ水族館イーランドへ行ったことを思い出しました。

しかし、この徳島の大うなぎ水族館も200年10月で閉館してしまいました。

この水族館で愛されていたうな太郎が2003年に死んだしまった事とおおうなぎだけではお客さんを引きつける魅力が足らなかったようです。

画像はバスコン購入直後にキャラバンした時に興味津々で立ち寄った四国海部町の大うなぎ水族館で撮影したものです。
     
129030234168716331582_100_1028.jpg

[ 2010/11/25 13:23 ] 雑記 | TB(-) | CM(0)

中高年に広がる「車中泊」の旅

高速道路のサービスエリア(SA)や道の駅などにマイカーを止めて一晩を過ごす「車中泊」が広がっている。宿泊代を節約でき、宿に入る時間を気にせず自由な旅行が楽しめるとあって、中高年に人気が高まっている。ただ中にはゴミを持ち帰らないなどマナー違反の人も多く、新たなルール作りが始まっている。
fc2blog_20141021103317313.jpg

[ 2010/11/01 10:30 ] 雑記 | TB(-) | CM(0)