2013夏季青森キャラバン Part20 日光山温泉寺

アルパこまくさへ戻って身支度を整えて出発です。今日中に奥日光に到着したいです。東北道の渋滞が気になりますが出発しました。雫石、盛岡を抜けて、500㌔を爆走します。国見付近の35㌔渋滞は我慢できましたが、那須付近の35㌔渋滞は限界で、一般道へ。約7時間で奥日光三本木駐車場に到着しました。光徳駐車場へ様子見に行きましたが、満車状態でした。三本木駐車場はガラガラで、この夜は戦場ヶ原の静寂の中で爆睡しました。
  
早朝、多少の車の出入りはありましたが、静かなものです。

137714454518813210271_P8161055.jpg


137714482580813101540_P8161056.jpg


岩手で買った飲むヨーグルトを朝食代わりに。

137714486904113101874_P8161057.jpg


湯ノ湖までちょっと走って、温泉寺で朝湯します。早朝に入浴できるこの温泉寺は重宝します。昼過ぎなら何か所かお気に入りの日帰り可能な施設もあるのですが、この時間はここ以外はありませんから。
137714497006413210542_P8161058.jpg

137714497876713210542_P8161059.jpg

137714498896013210542_P8161061.jpg

137714501523513210251_P8161068.jpg

137714502714913101714_P8161069.jpg


何時立ち寄っても、素晴らしい湯です。感謝感謝です。

137714503534713101874_P8161070.jpg


入浴後のお決まりのお菓子とお茶と領収書

137714504603613102521_P8161077.jpg


湯ノ湖駐車場からの一枚

137714541768913210443_P8161079.jpg


三本木駐車場に戻ってマッタリ。昼過ぎにはメンテナンスのために○○電気さんが来てくれて、ヘンテナ(TVアンテナ)を外して修理してくれました。今日はここで一日疲れを癒して最後のキャラバンの夜を過ごします。
137714547966213211542_P8161083.jpg

137714548636213101540_P8161084.jpg

        
男体山がクッキリ

137714549621213101874_P8161086.jpg


夜はお世話になっている○○電気さんと焼肉を楽しみました。いつも助かるんですよね、今回、最終日にここへ立ち寄ったのも、ヘンテナ(アンテナ)の修理が目的でした。いつもありがとうございます。

今年の夏キャラバンも終わりました。各地でお世話になった方々、ありがとうございました。また、お会いできることを楽しみにしております。

※最後に奥日光駐車場情報  環境省、警察暑の指導があり、オーニング、スクリーン、テーブル等の使用は最近厳しく禁止されております。夜間、深夜の見回り等も頻繁にあります。キャンピングカーにお乗りの皆さま、一般車、一般客の迷惑にならないように、自己責任で楽しんでください。
因みに、湯ノ湖、光徳駐車場は環境省の管轄なので車中泊も基本的には認めていないようです。三本木駐車場内は管轄外なので、対象外です。土産物屋の主人はTVでウエルカムな発言で好意的なようですし、ご自身でご判断ください。どちらにしても、キャンピングカーは憧れの的であり、法令遵守かつ紳士的な行動で楽しみたいものです。
関連記事
[ 2013/08/27 00:14 ] 温泉 温泉 栃木県 | TB(-) | CM(0)

2013夏季青森キャラバン Part19 乳頭温泉郷 鶴の湯(黒湯、白湯)

今日も素晴らしい天気です。昨日、似顔絵をいただいた龍生さんと車中泊旅をされている多摩ナンバーの老夫婦にご挨拶をしていると、キャキャキャーンと、今まで聞いたこともない鳴き声が、我が家の車の方から聞こえてきました。近寄ってみると、昨夜、照明に惹きつけられて飛来したクワガタをその辺の草むらにホン投げておいたんですが、そのクワガタが我が家のキャンカーの下にいたらしく、あんずがちょっかいを出して、肉球を挟まれたらしいのです。虫好きのあんずは懲りた様子も無く、この後のキャラバン中にも虫と戯れておりました。

軽く朝食を摂って、大型車枠に移動しました。隣には路線バスが2台待機しています。ここから、鶴の湯の送迎バスに揺られて訪問したいと思います。
137713917088913130933_P8151030.jpg


関連記事
[ 2013/08/26 00:25 ] 温泉 温泉 秋田県 | TB(-) | CM(0)

2013夏季青森キャラバン Part18 田沢湖高原アルパこまくさ

ここは秋田駒ケ岳への登山の拠点になってます。バスで8合目まで行けるのがお手軽なんでしょうね。
137698708750913222712_P8141025.jpg


関連記事
[ 2013/08/25 00:12 ] 温泉 温泉 秋田県 | TB(-) | CM(0)

2013夏季青森キャラバン Part17 玉川温泉

圧巻のふけの湯から新玉川温泉の駐車場に移動しました。久しぶりに玉川温泉に立ち寄ります。駐車場はガードマンにお断りしての駐車です。同系列の玉川温泉への立ち寄りなので問題ありません。混雑時は無料駐車場があるので大型車でも大丈夫です。
137698505357813113811_P8141018.jpg


関連記事
[ 2013/08/24 00:55 ] 温泉 温泉 秋田県 | TB(-) | CM(0)

2013夏季青森キャラバン Part16 蒸けの湯温泉 内湯

ラッキーなことに、清掃が終わった直後の一番風呂でした。

137698358048013113800_P8141002.jpg

関連記事
[ 2013/08/23 00:54 ] 温泉 温泉 秋田県 | TB(-) | CM(0)

2013夏季青森キャラバン Part15 蒸けの湯温泉 野天風呂

車の周りの気配は気になりましたが、おかげ様で爆睡出来ました。朝の洗顔をしていると、キャンプ場のスタッフ(=ビジターセンターのスタッフ)が車中泊の方と朝の大沼方向へウオーキングに出発されました。私はもちろん遠慮しました。

身支度を整えて出発です。向かったのは、昨日立ち寄った後生掛温泉の少し先にある、ふけの湯です。電話で問い合わせてみると、内湯は9時前後からだそうですが、野天風呂は大丈夫だそうです。

蒸けの湯温泉は、秋田県側八幡平の最奥、標高1100mの高所に湧く一軒宿だ。
アスピーテラインから1kmほど奥に入った先、当然のように人家はなく、白茶けた噴火口の様な岩石の間から噴煙が舞いあがる荒涼とした丘陵地帯にある。1979年に開通した八幡平アスピーテラインは岩手・秋田にまたがる八幡平を横断する山岳道路だ。


蒸けの湯温泉は、国民保養温泉地に指定された秋田八幡平温泉郷の中で最も古くて開湯が300年を超えており、江戸時代から湯治場として大変賑わっていた。

かっては「蒸(ふか)しの湯」と呼ばれ、オンドル式の湯治棟もあったが、昭和48年の土砂崩れで崩壊して現在は無く、旅館部だけになって現在にいたってる。

大型車の駐車も全く問題は無く、ロケーションも素晴らしい。宿の受付へ行ってみました。キャンプ場でもらった割引券があるので400円×2名分を支払い、野天へタオル一本持って出発。
137698084137313111527_P8140981.jpg

137698084892813219278_P8140980.jpg

137698086078513219278_P8140979.jpg

137698085534413111538_P8140978.jpg


野天風呂へは建物と反対方向の駐車場の隅から砂利道を歩いていきます。建物から振り向けばそこにって感じですけど。
137698089302413111527_P8140982.jpg


一番手前にあるのが女性専用の野天湯です。

137698090934913219390_P8140984.jpg

137698200473613219972_P8141001.jpg


次が男性専用の野天湯

137698091919913219030_P8140985.jpg

137698092845213111537_P8140987.jpg


一番奥の地熱浴「オンドル」の小屋があります。地熱浴は料金が別でした。

137698093979613111533_P8140988.jpg


地熱浴の向かいに混浴の野天があります。最初に浸かったのは、この混浴野天です。もちろん誰も居ません。脱衣場は別ですが、湯船は混浴です。この湯が実に素晴らしい。湯温は低めで40度以下で、長湯には最適です。
137698192828713220272_P8140989.jpg

137698193763213220267_P8140990.jpg


湯の投入口から湯船が2段になって、一工夫されています。下段は温くなってます。
137698194625913219390_P8140991.jpg

137698195417313112976_P8140992.jpg

137698196593613220272_P8140993.jpg


湯船のはるか向こうに見える屋根が宿の屋根です。

137698197368713112979_P8140994.jpg


次は男性専用野天湯

137698285382413113799_P8140995.jpg

137698304130713220627_P8140997.jpg

137698302984113113811_P8140996.jpg


先ほどの混浴とは若干ではありますが湯質が違います。どちらかというと臭いは少ないが、濃いように感じました。湯温は41度。若干混浴よりも高めです。
137698305210313113800_P8140998.jpg

137698306048713220852_P8140999.jpg


あちらこちらには夜間の入浴のためにランプ台が設置してありました。とにかく全てに◎の名湯気分に浸れます。

野天を満喫して、いよいよ宿の内湯、露天風呂へ行って見よう。そろそろ掃除も終わる頃でしょう。
関連記事
[ 2013/08/23 00:15 ] 温泉 温泉 秋田県 | TB(-) | CM(0)

2013夏季青森キャラバン Part14 後生掛(大沼)キャンプ場

駐車場に戻って今日のP泊地を検討しましたが、八幡平周辺では駐車場を夜間開放していないので、なかなか決まりません。取りあえずビジターセンターへ移動して様子を見に行きました。
137697325890113214956_P8130968.jpg

関連記事
[ 2013/08/22 00:39 ] キャンプ キャンプ場 | TB(-) | CM(0)

2013夏季青森キャラバン Part13 後生掛温泉

大好きな浅虫温泉で2日間を過ごして、いよいよ南下します。山間のいい湯を目指した走り始めました。今日の最初の予定は青森市内のコインランドリーで洗濯です。ノートPCで調べて向かったのはインター近くの藤コインランドリー。洗濯中は路駐と覚悟していましたが、店主のおばちゃんが駆け寄ってきて、隣の動物病院駐車場に入れてくださいと、ありがたいお言葉。遠慮せずにそうさせていただきました。約1時間半、ジェネ回して、冷房全開、車内でマッタリモードでした。
137696432761313209396_P8130959.jpg

関連記事
[ 2013/08/21 00:00 ] 温泉 温泉 秋田県 | TB(-) | CM(0)

2013夏季青森キャラバン Part12 海鮮市場アウガ

次に向かったのは青森駅駅前の海鮮市場アウガです。B1が食の市場になってます。ここは超楽しいです。私はこんな雰囲気が大好き、そして買い物も大好きです。とにかくストレス発散できて楽しいです。キャラバン中の魚やおかずをゲットしましょうか。
137696305309713206561_P8120949.jpg

関連記事
[ 2013/08/20 00:18 ] グルメ グルメ 青森県 | TB(-) | CM(0)

2013夏季青森キャラバン Part11 青森魚菜センター

釣りの合間に青森市へお出かけしてきました。浅虫温泉駅までチャリで移動。
137696174690113131381_P8120932.jpg

関連記事
[ 2013/08/19 00:52 ] グルメ グルメ 青森県 | TB(-) | CM(0)

2013夏季青森キャラバン Part10 浅虫で鯛を釣る

昨夜は温泉を満喫して早めの就寝。早めの就寝と言っても、キャラバン時は21時前後にはベッドに入る日がほとんどなんです。昨夜は海沿いの特有の風が窓から吹き込んで快適に熟睡できました。
137695975852313126156_IMAG0387.jpg


関連記事
[ 2013/08/18 00:40 ] 釣り | TB(-) | CM(0)

2013夏季青森キャラバン Part9 浅虫温泉 松の湯

車に戻って車内でマッタリモード。デカ盛りの余韻に浸ります。20時過ぎに浅虫駅向こう側の公衆浴場松の湯へ向かいました。歩いても10分程です。チャリでの移動がベストなんですが、チャリのライトを装備し忘れたため徒歩で向かいました。公衆浴場と言っても浅虫温泉は集中配管方式なので、どこで入浴しても同じ湯です。公衆浴場は駐車場からだと、もう一軒手前に鶴の湯というのがあります。今回、立ち寄ってはみましたが明かりも無く、営業の状態は確認できなかったのでパスしました。

松の湯手前の飲泉所&足湯。この日は遅かったので利用はできませんでした。
137695745069013221515_P8110924.jpg


関連記事
[ 2013/08/17 00:33 ] 温泉 温泉 青森県 | TB(-) | CM(0)

2013夏季青森キャラバン Part8 鶴亀屋食堂

道の駅 ゆ~さ浅虫に到着しました。駐車場は道を挟んだ道の駅の反対側の釣り公園の砂利の駐車場です。のんびり温泉や釣りなどマッタリ過ごしたいと思います。

前回の東北キャラバン時にもここへ立ち寄りましたが、釣り道具を積んでこなかったので、残念な思いをした記憶があります。まずは、有名処の鶴亀屋食堂で食事です。

リアに乗せてきたチャリを降ろして向かいます。道を渡って、道の駅を眺めながら3分ほどで到着です。歩いても大丈夫な距離です。道の駅の駐車場には3台ほどキャンピングカーがP泊しておりました。
137695438190413111964_P8110911.jpg


関連記事
[ 2013/08/16 00:20 ] グルメ グルメ 青森県 | TB(-) | CM(0)

2013夏季青森キャラバン Part7 青函トンネル

このケーブルカーに乗車して地下140㍍の体験坑道まで約8分で到着します。この日は超満員状態でした。
137688913660613120802_P8110891.jpg

関連記事
[ 2013/08/15 00:03 ] 観光 観光 青森県 | TB(-) | CM(0)

2013夏季青森キャラバン Part6 青函トンネル記念館

不味いラーメンは許せない!と思いつつも、冷静に心がけ運転は慎重になってます。引き続き竜飛に向けて走り続けます。

竜飛直前の見晴らし台で一休み。多くのハイカーが休憩していました。大型車枠にも小型車が遠慮もせず駐車していたので、我が家は駐車場入り口付近の邪魔にならないところに停めました。
137688797473413121669_P8110879_20150126095049126.jpg


関連記事
[ 2013/08/14 00:44 ] 観光 観光 青森県 | TB(-) | CM(0)