2005年夏季キャラバン Part6 乳頭温泉郷 孫六温泉

黒湯温泉から一番近く、というか隣にあるのが孫六温泉。地図上の位置では黒湯が最奥ですが、アプローチで言えばこの孫六温泉が乳頭温泉郷で最奥の温泉になる。黒湯は冬季営業しませんので、通年営業の孫六が正に最奥の湯と言ってもいいですね。

黒湯から孫六への道は、わずか車一台ほどの幅の下り坂を歩きます。
駐車場はわずかに孫六専用として確保されている程度なので、宿泊者以外は駐車不可ですのでマナーは守らなくてはいけません。


5分ほど歩くと孫六温泉に着きますが、途中の沢を渡る際の橋からの風景は圧巻で、まさに秘境です。黒湯とは一味違った湯治場風情を感じます。

129410412432116119242_7802435.jpg


関連記事
[ 2005/08/15 15:52 ] 温泉 温泉 秋田県 | TB(-) | CM(0)

2005年夏季キャラバン Part5 秋田市阿仁 打当温泉マタギの湯

道の駅 阿仁に寄ってから「マタギの湯」にきました。どうしても来たかったマタギの里で入浴できるなんて一石二鳥です。

129404663178316112112_2010_06260167.jpg


ここはクマ牧場、マタギ資料館などが併設されていて、マタギ達が使用した狩りの道具や獲物の剥製などが展示されています。凄い!!秋田マタギの勉強には十分な施設が揃っています。

大自然に恵まれた環境にある打当温泉「マタギの湯」。 大浴場、露天風呂、など色々な温泉が楽しめます。

受付でチケットを購入しなくてはなりません。温泉だけなら良心的な400円ですが、3点セット(大人 クマ牧場 500円、マタギの湯 400円、 資料館150円 で 1000円)を 迷わず購入。50円だけですがお安くなります(笑)
       
まずはクマ牧場へ

140730470790352925225_100_1211.jpg


マタギ資料館

129404667968016303789_2010_06260183.jpg


マタギの湯

129404670600416303880_2010_06260202.jpg


クマの口から温泉が噴き出てます。ちょっとやり過ぎじゃない。

温泉の香りはわずかですが、色は薄緑色でなかなかいいです。

秋田なまりを聞きながらの入浴はいかにも東北を意識させられて、とても満足でした。


129404672584116303847_huro01.jpg



■名称   打当温泉マタギの湯
■所在地  秋田県北秋田市阿仁打当字仙北渡道上ミ67 
■TEL 0186-84-2612
■源泉名  打当温泉2号
■泉質 ナトリウム、カルシウム―塩化物泉
■源泉温度  56.5℃
■利用時間  9:00~22:00
■料金  大人400円
■入浴日  2005.08.09



関連記事
[ 2005/08/14 09:28 ] 温泉 温泉 秋田県 | TB(-) | CM(0)

2005年夏季キャラバン Part4 乳頭温泉郷 鶴の湯  

温泉好きなら一度は入ってみたい「乳頭温泉郷 鶴の湯」

秋田の雄、あこがれの湯に心が躍る。田沢湖から車で約30分。7つの一軒宿が点在する乳頭温泉郷にたどり着く。その中でも最も有名で、最も混雑するという、鶴の湯は、一軒だけ離れたところに建っている。
乳頭温泉郷の湯の中でも最も古い歴史を持ち、300年近く前に、傷ついた鶴が病を癒しているのを猟師が発見したとされる。


バスコンでは駐車が心配だが林道を進んで行く。
案の定、駐車場は混雑していましたが何とか木陰に駐車できた。


129353176096516211819_P7270111.jpg


門柱を前にして奥に何の飾りもなく立っている長屋風の宿に時代錯覚?の妙な感じを覚えました。

129353176792916320013_P7270118.jpg


ゲートをくぐるとすぐ本陣なのだが、萱葺き屋根に黒光りした木の壁など、時代がかっているのに、今でも宿泊棟としてきちんと機能しているところが凄い。囲炉裏を囲んでの山芋煮が冬の名物料理として宿泊客には人気である。発電機による自家発電なので消灯は21時である。

お風呂は、鶴の湯(混浴露天風呂 源泉は白湯)、大白の湯(女性専用露天風呂 源泉は白湯)、白湯(酸性泉 美人の湯 別名冷えの湯)、黒湯(アルカリ泉 子宝の湯 別名温たまりの湯)、中の湯(眼っこの湯)、滝の湯(打たせ湯)などがある。

まずは白湯で着衣を脱いで入浴、すべてが木の作りの白湯は雰囲気も十分。もちろん白濁の湯がやさしく体を包む。しかし、私には少し熱く感じた。

白湯(上)と黒湯 


白湯と黒湯は男湯も女湯も浴室の雰囲気は同じような感じ。広くはないが、木造で雰囲気が良い。
白湯は冷えの湯というが、どちらかというと熱め(本当は上がった後さっぱりするので、冷えの湯というらしい)。黒湯は一番泉質的にはゆっくり入りたい感じ。ぬるめでとろりとしている。天気が悪いと黒く見えると言うが、今日は晴天で他の湯と同様、真っ白だ。


129353181956816211738_turu31.jpg


129353182902216211628_turu32.jpg


大白の湯は、四角い開放的な露天風呂になみなみと白濁した湯がたたえられている。強い硫黄臭。味は薄い酸味。本当に綺麗な青みがかった白い色。温度はここも少し熱めらしい。

白湯から前を隠しながら通路を通る観光客を横目に足早に混浴 鶴の湯に向かう。低い目隠し的垣根があるがほとんど全身を人目に曝してしまう。※注 女性は脱衣場で脱ぎましょう!

129353180501816211738_turu24.jpg


さすがに露天は明るく、開放的な雰囲気は最高です。
足元からは源泉が湧き出ていますし、ポコポコと泡が立ち上がってきている。湯温は少し熱いが露天を満喫しながら長めの入浴。

中の湯には内湯と露天風呂もついている。滝の湯は打たせ湯がある。

とにかくお風呂が沢山あるので、日帰りでゆっくり楽しもう。
お風呂めぐりをするなら、ゴムの入ったバスタオルを巻いて移動するのが便利。



■所在地 秋田県仙北郡田沢湖町田沢先達沢国有林50 
■TEL 0187-46-2139
■公式サイトURL
  ・鶴の湯温泉 http://www.tsurunoyu.com/
  ・乳頭温泉郷 http://www.hana.or.jp/~nyuto/index.html
■泉質
  ・白湯 含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素泉(硫化水素型)
  ・黒湯 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
  ・中の湯 含重曹・食塩硫化水素泉
  ・滝の湯 含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素泉
■日帰り利用料 大人500円
■日帰り受付時間 10:00~15:00
■入浴日  2005.08.12
関連記事
[ 2005/08/13 19:52 ] 温泉 温泉 秋田県 | TB(-) | CM(0)

2005年夏季キャラバン Part3 宮城県 青根温泉 名号湯

青根温泉は、宮城蔵王の山中にある鄙びた温泉地で、大湯と名号湯の2つの共同浴場があります。大きなカーブの先が無料駐車場になっているので、ここに車を止めて歩いて行きます。大型車でも大丈夫です。

青根温泉は同じ源泉を、すべての旅館と2つの共同浴場に分湯しています。

131918439825013232462_myougounoyu1.jpg


まず入浴券を道路沿いの商店で購入します、無人なので入り口の箱に入れてから入浴することになります。

脱衣場は狭く、入り口のドアを開けるとそのまま見えるという寸法になっているので、見せたくないという人は気をつけて下さい。脱衣場は反対側にもありましたが、入浴券を入れる箱が無いので、地元の人用なのでしょうか?


131918440848613123418_myougounoyu2.jpg


お湯はメチャ熱め、私の経験上では最高温の54度。とても気合い無しでは入れません。躊躇している間に地元の方が入浴にこられて、あっという間に肩まで浸かってしまいました。熱くないのですか?と聞いたところ小さい時からこの湯だから、慣れたそうです。

131918441439513123383_myougounoyu3.jpg


とにかく150円分は浸からないと元がとれませんが、たった10秒ほどの入浴で終わりました。足がキンキンに痺れてきてギブアップとなりました。冷泉を湯船に入れるようになってはいますが、量がチョロチョロで効果はありません。

無色透明無臭もちろん掛け流しのお湯です。洗い場はとても狭くて、近代的ではありませんが、とても清潔感が有り床にベタっと座っても気になりませんでした。

※2006年3月いっぱいでこの共同湯は閉鎖されました。

■所在地  宮城県柴田郡川崎町青根温泉
■TEL   0224-87-2011(大湯)、0224-87-2204(名号湯)
■泉質  単純温泉 低張性弱アルカリ性高温泉 52.0℃ pH7.5
■入浴 150円 8:00-20:00
■入浴のみ / 無休
■男女別(内湯1)
■入浴日  2005.08.08

関連記事
[ 2005/08/13 09:09 ] 温泉 温泉 宮城県 | TB(-) | CM(0)

2005年夏季キャラバン Part2  山形県米沢市 金剛閣

お初の米沢牛のステーキを食べたくなり、最上川の脇にある金剛閣に立ち寄りました。駐車場も広く停めやすいです。

平日のランチ時なので予約もなしでテーブルに案内されました。店内はいかにも高級レストラン的な雰囲気で落ち着きます。我が家は米沢牛は初めてなので期待は膨らみます。

奮発して米沢牛フィレステーキセット(7500円)を注文しました。

130360297367216107901_100_1181_20140902090023052.jpg


2005年夏季キャラバン Part1 福島県南会津郡只見町 深沢温泉 むら湯

奥会津・只見町にある日帰り温泉施設です。

豪華な宿泊施設 " 季の里 湯ら里 " に隣接してある " むら湯 " は、平成12年にリニューアルオープン、比較的新しい建物の施設です

129818614879516106738.jpg


お風呂は、男女別に内湯が一つづつあります。曲線L字型の浴槽に、赤橙色の湯が満ちていました。

15~6人が浸かることのできる湯船には赤橙色の湯がかけ流しになっています。湯口では透明な湯ですが、湯船で酸化して赤茶くなるようです。湯の成分が濃いのか、湯口に辺りは堆積物でいっぱいです。そして湯船の縁を手で触ると、赤橙色の湯の花が手にべっとりと付いてくるほどです。

129818618012716302849.jpg


やや熱めの湯は金気臭があり、湯を飲んでみると、甘みと共にかなりの塩分を感じました。濁り湯の好きな人だけでなく、誰にでもお勧めできる湯ですが、白いタオルは色が付いてしまうので、避けた方がいいです。 
浴室には大きな窓があり、とても眺めがいいところです。これで露天風呂があればいう事ないですが。



■所在地  福島県南会津郡只見町大字長浜字上平55  TEL  0241-84-7707
■日帰り入浴時間   9:00-21:00
■料金   600円
■泉質  ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉 等張性中性高温泉
■源泉  深沢温泉 46.9℃ pH7.0 
■公式HPはこちら
■入浴日  2005.08.12

関連記事
[ 2005/08/12 13:22 ] 温泉 温泉 福島県 | TB(-) | CM(0)