スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

宮城県鳴子温泉郷 高友旅館で湯活  混浴内湯黒湯


ひょうたん風呂を堪能して、いよいよ本命の黒湯浴場へ向かいます。

いったん廊下を帳場まで戻って、入り口からまっすぐに廊下を進みます。

DSCF0959.jpg


最初の角を左に折れて、階段を下ると浴場入り口です。

IMG_1599.jpg


DSCF0961.jpg


今日はどの湯に浸かっても独泉になりそうです。旅館内に人気が全くありません。

DSCF0986.jpg


DSCF0985.jpg


混浴内湯の脱衣所です。男女共用ですが、棚とカゴがあるだけの簡素な感じです。

IMG_1613.jpg


これこれ!!!! 浴場に入ると正面の緑色のお湯がなみなみと張られた湯船に目を奪われます。お初の黒湯とのご対面です。

DSCF0964.jpg


6人ほどが入れる変わった形状の湯船です。

DSCF0967.jpg


鳴子温泉郷唯一の鉄天然ラジウム泉で、「黒湯」といっても実際の色は黄色がかった緑色です。

DSCF0969.jpg


DSCF0963.jpg


浴場は石油で満たされてます。この見た目の雰囲気と匂いは温泉力の塊のようにドカンときますねえ。湯は熱めでコールタール臭がプンプン匂ってたまらない。浸かり過ぎると湯上りにグッタリとしてしまうそうで、これが、この黒湯の特徴で、疲れを身体から出してしまい、体調を整えるそうだ。

DSCF0973.jpg


混合泉なんでしょうか?乱暴に配管が切り回されています。しかも温泉成分がたっぷりと堆積している。これも見た目に圧巻です。湯口がそれぞれどんな成分かは不明で、とても謎めいていて、不思議です。

DSCF0977.jpg


DSCF0976.jpg


DSCF0978.jpg


DSCF0975.jpg


浴場右奥には3段の階段があって、もうひとつの湯船があります。こちらははプール風呂と呼ばれ、こちらは無色透明の冷泉が入っています。

DSCF0979_20170519114641b25.jpg


DSCF0965.jpg


DSCF0966.jpg


ぬる湯なので、黒湯と交互に入って十分に堪能しました。こちらの冷泉も私の好みです。

DSCF0970.jpg


DSCF0972.jpg


こんな湯に浸かって湯治できたら最高でしょうね。いつかはキャンカーからの通い湯治をしてみたくなりました。
東鳴子温泉の温泉力には圧倒されました。特にいさぜん、高友は凄いなあ!!来て良かったあ(((o(*゚▽゚*)o)))


にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/05/23 00:00 ] 温泉 温泉 宮城県 | TB(-) | CM(0)

宮城県鳴子温泉郷 いさぜん旅館で湯活  男湯 露天風呂付中浴場女湯 


混浴浴場のすぐ左隣にある大浴場。ここのお湯は東鳴子温泉の旅館7軒で管理している重曹泉です。

交代時間はその日その日で違うようなので要注意です。

赤湯(東鳴子)共同源泉ですが、赤く見えるのは湯船の色なので、赤い湯ではないようです。

dai.jpg


最後に中浴場です。混浴浴室から少し離れた場所にあります。女性用は小さいが露天風呂がついており、涼しい風を感じながら入浴できる。宿泊の場合は入替え時間もあるらしい。

DSCF0933.jpg


DSCF0934.jpg


DSCF0935.jpg


DSCF0932.jpg


東館には貸切の小さい湯船もあるみたいですが、確認できませんでした。

そして、なんと言っても宿の若旦那が阪神タイガースの熱烈なファンで洗面器からトイレのスリッパにいたるまでトラトラトラです。因みに私はGファンなので、複雑な心境でした。

また、来よっと!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村
関連記事
[ 2017/05/21 00:00 ] 温泉 温泉 宮城県 | TB(-) | CM(0)

宮城県鳴子温泉郷 いさぜん旅館で湯活 混浴内湯(鉄鉱泉)


脱衣所からは「炭酸泉」「鉄鉱泉」と入口が左右に分かれていますが、扉の向こう側は一つの浴場になっています。

DSCF0915_20170518110701efa.jpg


DSCF0917_20170518110703fde.jpg


炭酸泉を楽しんだ後は、裏側の鉄鉱泉へ浸かります。

DSCF0926.jpg


ひょうたんを半分にしたような形の湯船で面白い。そうですねえ、だいたい5人くらい入れるかなあ。

DSCF0925.jpg




自家源泉の「いさぜんの湯V3号」と「東鳴子重曹泉」の混合泉で、泉質は鉄鉱泉になっています。少し緑掛かった茶色に見える鉄鉱泉のお湯はかなり熱く、45℃くらいありました。

DSCF0931.jpg


じっくり浸かっていられる湯温じゃないので、炭酸泉と交互に入浴して楽しみました。直前まで女性が入られたようですが、私としては独泉できて幸せですねえ。

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村

関連記事
[ 2017/05/20 00:00 ] 温泉 温泉 宮城県 | TB(-) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。