宮城県鳴子温泉郷 いさぜん旅館で湯活 混浴内湯(鉄鉱泉)


脱衣所からは「炭酸泉」「鉄鉱泉」と入口が左右に分かれていますが、扉の向こう側は一つの浴場になっています。

DSCF0915_20170518110701efa.jpg


DSCF0917_20170518110703fde.jpg


炭酸泉を楽しんだ後は、裏側の鉄鉱泉へ浸かります。

DSCF0926.jpg


ひょうたんを半分にしたような形の湯船で面白い。そうですねえ、だいたい5人くらい入れるかなあ。

DSCF0925.jpg




自家源泉の「いさぜんの湯V3号」と「東鳴子重曹泉」の混合泉で、泉質は鉄鉱泉になっています。少し緑掛かった茶色に見える鉄鉱泉のお湯はかなり熱く、45℃くらいありました。

DSCF0931.jpg


じっくり浸かっていられる湯温じゃないので、炭酸泉と交互に入浴して楽しみました。直前まで女性が入られたようですが、私としては独泉できて幸せですねえ。

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村

関連記事
[ 2017/05/20 00:00 ] 温泉 温泉 宮城県 | TB(-) | CM(0)