かんぽの宿 寄居

かわせみ河原でキャンプの時はかわせみ荘のお風呂を利用しますが、今回は休館でしたので、車で走っての訪問です。もちろん運転手はアルコールがダメな人にお任せです。

1階フロント脇で入浴券を購入。エレベーターで6階の浴場へ。ロッカー完備の脱衣室もよくある感じ。

浴場入口前からの眺めもナカナカのものです。

ここのお湯は金山温泉の湯です。少し白濁していて、わずかに硫黄の香りと強烈なヌメリ感が特徴の湯です。
0101.jpg


0404.jpg


浴槽は内湯2と露天風呂1の計3つで構成されていて、どれも標準的なもの。内湯のバブルバス以外の二つが源泉らしい。カランは全てシャワー付11。シャンプー・リンス・ボディソープ。炭シャンプー。ドライヤーなどなど、さすが宿泊施設という感じで設備充実していて満足できる。
0303.jpg


特筆すべきは眺望の良さは特筆もので、お気に入りのお風呂に追加になりました。

■所在地  埼玉県大里郡寄居町末野2267
■TEL  048-581-1165
■料金  800円
■泉質  アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性低温泉)
■泉温  27.6℃
■湧出量  67 リットル/分
■利用時間  10時45分~19時






関連記事
[ 2016/06/06 00:20 ] 温泉 温泉 埼玉県 | TB(-) | CM(0)

2014年GW前半 長野~群馬 Part6 食事処正丸

秩父市内で昼ごはんと考えましたが、今や大人気の秩父。グルメスポットはどこも行列で入れません。諦めて市内を抜けて正丸峠へ。正丸トンネル手前の食事処正丸へIN。
139883802923453623228_P4290207.jpg

関連記事
[ 2014/04/29 11:37 ] グルメ グルメ 埼玉県 | TB(-) | CM(0)

2014年GW前半 長野~群馬 Part5 秩父 柴原温泉柳家(露天)

秩父に入って日帰り温泉へと考えました。299号線沿いの未訪問の湯が確か12時からだったと記憶にあり、その駐車場へ。日帰りの文字がなくなっているので電話してみると、残念なことに今年から営業していないようだ。諦めて秩父で昨年一番気に入った柴原温泉柳家に立ち寄ることにした。御主人の人柄がよく、隠れ家的な宿が好印象だったのを覚えている。
139883503421961953228_P4290183.jpg


139883544367735362228_P4290206.jpg

139883504569985391228_P4290184.jpg

139883505747405675228_P4290185.jpg

139883542775585432228_P4290204.jpg


前回は内湯のみの利用だったので、今回は2階の露天と1階の内湯をそれぞれ堪能してみたい。

露天へ、雰囲気は内湯より良いが露天ではないような。

139883650537419615228_P4290189.jpg

139883652098575250228_P4290186.jpg


この照明の感じはまさに秘境の宿の雰囲気

139883659133329882228_P4290193_20140430144312.jpg


続いて1階の内湯へ

139883758171739836228_P4290201.jpg

139883760222940559228_P4290202.jpg


しっかり温まりました。大型車では来辛い秩父7湯の現存する4湯のうちのひとつ、柴原温泉柳家。皆さんにもお勧めです。

■所在地  埼玉県秩父市荒川贄川2048
■TEL 0494-54-0250
■泉質   単純硫黄泉 (湯量1.6リットル/分 泉温11.4度 Ph8.1) 
■日帰り営業時間   11時30分~14時  
■定休日  不定休
■入浴料金   大人700円 
■柳家公式HP
  
関連記事
[ 2014/04/29 11:22 ] 温泉 温泉 埼玉県 | TB(-) | CM(0)

秩父湯巡り&かんなでマッタリ Part2 新木鉱泉

柴原温泉柳家さんを後にして向かったのは秩父鉄道秩父駅近くの新木鉱泉です。こちらも秩父七湯の一つである老舗旅館です。

柳家さん、この新木鉱泉も大型車では全くアクセスできません。駐車場は15台ほどの広さ、洗練されているように見えますが、かなりの年数を経過した建物外観です。
137998753698408173225_P9210830.jpg


137998754641186206225_P9210831.jpg


宿泊客のチェックアウト後ということもあり、中居さんたちが忙しそうに動いております。顔を合わせるごとに明るい挨拶をしてくれます。とても素晴らしいですよね、気持が良いです。

館内はこじんまりしていますが、清潔感もありとにかく清掃が隅々まで行き届いています。
137998756111316138225_P9210833.jpg

     
料金900円を払って浴場へ。

137998808849726540225_P9210832.jpg

137998809637778450225_P9210834.jpg


浴場は別棟になっています。入り口の自動ドアを開けた瞬間に置くからいらっしゃいませの挨拶をされました。姿は見えないのに徹底した教育がされてます。そそくさと廊下を進むと顔を合わせる中居さんたちは皆さん笑顔で接してくれます。
        
この奥の左手が男湯です。

137998812242249807225_P9210836.jpg


暖簾をくぐると、右手に細長く脱衣場で、その正面が浴場です。このレイアウトって初めてかも!とっても利用しやすいです。
137998848762112917225_P9210848.jpg


浴場に入ってすぐ左手のたる湯です。これぞ新木鉱泉そのものの源泉です。冷泉なので私は入浴しませんでしたが、掌ですくってみて、香りは、薄い硫黄臭のある鉱泉で、感触はぬめっとした感じ。貴重な鉱泉ですね。昔ほど湧出量が無いようなので、貴重さを実感できます。
137998845210231876225_P9210842.jpg


正面が内湯。この湯は湯温も低めで入りやすい。とても落ち着くレイアウトで気に入りました。循環しているとはいえ、塩素臭もほとんどなく、源泉の香りも感じられます。とてもいい湯です。
137998910350847199225_P9210838.jpg

137998909387174887225_P9210840.jpg

137998926070899371225_P9210847.jpg

137998915922282558225_P9210843.jpg

137998916926140044225_P9210844.jpg


備品類も清潔感があって安心して使用できます。しかもフル装備です。

ドアを一枚隔てて露天風呂があります。大きな浴槽は3人くらいのサイズで、縁には木枠が、底には伊豆青石が貼られています。一方、小さな浴槽は一人サイズの赤い焼き物で、大小それぞれ内湯同様に加温循環のお湯が張られています。露天風呂は内湯よりは若干温めで、長湯できるような湯温です。
137998933824109142225_a573ab877ccaf3c07e59281f03b37631.jpg

137998932894053763225_P9210846.jpg

137998931722763568225_P9210845.jpg


塀の隙間からは秩父の田園風景が眺められます。決して広くない空間ながら、贅沢さまでも感じられるのは素晴らしい。

■所在地  埼玉県秩父市山田1538
■TEL  0494-23-2641
■泉質  単純硫黄冷鉱泉 14.8℃ pH9.4、8.5L/min(自然湧出) 溶存物質0.599g/kg 成分総計0.599g/kg
■立ち寄り入浴  12:00~21:00
■料金  平日800円  土日祝900円
■新木鉱泉HP
  

関連記事
[ 2013/09/26 00:53 ] 温泉 温泉 埼玉県 | TB(-) | CM(0)

秩父湯巡り&かんなでマッタリ Part1 柴原温泉 柳家

先週は台風のおかげで、せっかくの連休も中途半端な遊び感覚。なので今週も引き続きお出かけです。
今回は春先に始めた秩父七湯巡りに出発です。前回は一軒だけの入浴でしたが、秩父駅周辺の鉱泉を2軒訪問したいと思います。

自宅で晩御飯を食べてからの出発になりました。まずは、いつものかんなの湯へ向かいます。首都高、外環はパスして関越を利用、花園インターから下道でかんなの湯へ。到着は22時頃になりました。いつもの駐車場に入れてマッタリ。お仲間と午前1時頃まで話が盛り上がり、就寝。車中泊にはちょうど良い気候になり、快適に爆睡しました。

すがすがしい朝です。しばらく寛いで9時半過ぎに出発しました。

向かったのは老舗の旅館、奥秩父荒川村の柴原温泉柳家さんです。前回訪問時は満室で入浴できませんでしたが、昨日TELにて事前にOKいただいているので安心です。

駐車場の脇のせせらぎ。この沢の上流に源泉取り入れ口があるそうです。

137998385225563942225_P9210829.jpg


木々に囲まれた木造の建物が見えます。

137998382594772759225_P9210818.jpg

137998384068391221225_P9210828.jpg


11時頃の到着になりましたが、フロントの若旦那風の方の親切な対応で快く入館できました。浴場まで案内されて貸切での入浴です。

館内は清潔感抜群です。木々に囲まれているので静寂の一言です。おそらく時間的に宿泊客は一人もいらっしゃらないのでは。
137998386516409748225_P9210819.jpg


案内された一階の内湯です。きれいに清掃されています。主人の説明では、湯船のお湯も入れ替えが終わっているそうです。
137998432035875891225_P9210820.jpg

137998432597006437225_P9210823.jpg


圧倒的な新鮮な湯が注がれています。湯温は41度くらいで、とても満足。鉱泉独特の香りと若干の硫黄臭、ヌメヌメ感があります。とてもいい湯です。
137998433231045091225_P9210824.jpg


こじんまりとした木組みの湯船は6人ほどで一杯になる大きさです。シャワーのカランも少なめですが、備品類は完璧に用意されたいます。窓の外は目の前まで山の斜面が迫っていて、決して眺めは良くありませんが、その分、じっくりと浸かることができます。
137998434223327381225_P9210825.jpg

137998435138906150225_P9210826.jpg


木製の椅子と桶は日帰り温泉施設では味わえない風情を感じます。

137998435935593813225_P9210827.jpg


二階に露天風呂があるそうですが、次回のお楽しみにして柳家さんを後にして、出発しました。

■所在地  埼玉県秩父市荒川贄川2048
■TEL 0494-54-0250
■泉質   単純硫黄泉 (湯量1.6リットル/分 泉温11.4度 Ph8.1) 
■日帰り営業時間   11時30分~14時30分  
■定休日  不定休
■入浴料金   大人700円 
■柳家公式HP
  
関連記事
[ 2013/09/25 00:30 ] 温泉 温泉 埼玉県 | TB(-) | CM(0)

秩父市 千鹿谷(ちがや)鉱泉旅館


埼玉県の日帰り湯を制覇しつつ行きついたのが秩父7湯の存在でした。

秩父界隈の鉱泉には以前から興味がありましたが、なかなか行く機会が無かったのですが、今回は気軽な軽での一人旅、チャンス到来です。向かったのは千鹿谷鉱泉です。

県道37吉田バイパスに入り、「宮戸」三叉路を右折、しばらく走った左手「千鹿谷鉱泉」の看板を左折し、細い山道を1㎞ほど行くと谷沿いに小さな看板の建物が確認できます。

137272684523413226763_IMAG0268_R.jpg


137272685603413119841_IMAG0272_R.jpg


情報では24時間入浴可能だそうで、玄関に「留守にしています。入浴だけならばどうぞ。料金600円」とのメーッセージが床に並べられています。

137272687842913226352_IMAG0271_R.jpg


137272686854613227469_IMAG0270_R.jpg


早朝だったため奥から主が突然現れ、ハプニング。簡単な説明でしたが、今からお出かけするので料金はそこの引き出しに入れてくださいと・・・。引き出しの中にはちゃんと釣り銭も用意されていました。いつでも勝手に入浴してください的ないい加減さもともかく、どこから見ても一軒宿ではあるが、普通の民家でもあるギャップに戸惑ってしまう。

浴室は2人用くらいのタイル造のこぢんまりした浴槽は。何枚かの木のフタを自分で外して入ります。湯口から生鉱泉が湯船に直接注がれています。シャワー金具は1個、シャンプー、リンス、ボディーシャンプーも完備です。

137272690288613117834_IMAG0280_R.jpg


137272691352813229442_IMAG0278_R.jpg


事前に分析表をチェックしましたが、鉱泉で湧出量も少なくpHもさほど高くないので、期待はしませんでしたが、熱めのお湯は、やはり無色透明無味無臭ではあるのですが、なんとこれがかなりのヌルすべ湯なのです。おまけに、相当な温まり感があります。雰囲気は味わえませんが、古鉱泉をじっくり味わうことができました。

■所在地   埼玉県秩父市上吉田2148
■入浴料 600円
■TEL 0494-78-0243
■入浴可能時間  AM10:00~PM8:00
■泉質  鉱泉(泉質不明)源泉13.4℃ pH9.2




以下フリー百貨辞典より
秩父七湯(ちちぶななとう)は、秩父地方に存在する特定の7つの温泉を指した呼称である。

概要 [編集]いずれも、源泉温度の低い鉱泉である、またはであったとされるのが特徴。現在では、温泉法の規定を満たしていることにより、いずれも温泉を名乗ることができるが、現在でも鉱泉を名乗り続けている温泉地もある。

7湯の選定は江戸時代であるとされる。そのうち現存するのは5湯である。以下に7湯を挙げる(括弧内は現在の呼称)。

新木の湯 (新木鉱泉)
鳩の湯 (鳩の湯温泉)
柴原の湯 (柴原温泉)
千鹿谷の湯 (千鹿谷鉱泉)
鹿の湯 (白久温泉)
梁場の湯 (現存せず)
大指の湯 (現存せず)
梁場の湯は1966年(昭和41年)に埼玉県で最も古く利用許可がなされた温泉であったが、下久保ダム建設と共に水没したため現存しない。現存しない2湯に替わって、和銅鉱泉、不動の湯温泉が入って7湯を形成する場合もある。
関連記事
[ 2013/01/18 00:02 ] 温泉 温泉 埼玉県 | TB(-) | CM(0)

ちょこっとお出かけ 2 あくと農園

両神荘を出発して立ち寄ったのはあくと農園。ここでいちご狩りを楽しみます。

akutonouenn10.jpg


関連記事
[ 2010/01/10 13:11 ] 観光 観光 埼玉県 | TB(-) | CM(0)

2009年夏季キャラバン 31 埼玉県鹿野町 国民宿舎 両神荘

雁坂トンネルを抜けて、「道の駅 両神温泉薬師の湯」が人気ですが、日帰り入浴時にはいつも空いていて、露天がお気に入りの「両神荘」に行きました。

第二駐車場です。トイレもありますので許可を頂いて車中泊OKです。


両神5


ryoukamisou4.jpg


ryoukamisou5.jpg


国民宿舎が日帰り開放するもので、源泉は道の駅と同じです。鉄筋の立派な建物です。となりには中国山西省の展示館「神怡館」(中国風で異様に目立つ)があります。周囲は本当に静寂で芝生の緑と周囲の奥深い山々が気持を落ち着かせてくれます。

展示館「神怡館」。ここで食事もできます。

ryoukamisou1.jpg


近くには日本の滝百選に選ばれた丸神の滝があり、秋の紅葉シーズンには、一帯があでやかに染まり夏にはホタルを見る事が出来ます。

男女別の浴室は地下1階にありますが、斜面に建っているので小森川の渓流を見下ろしながらの入浴になります。


内湯 男風呂

ryoukamisou6.jpg


平成17年8月1日にオープンした露天風呂は岩風呂・ひのき風呂があり、どちらも源泉かけ流しの湯に浸かることができます。

ryoukamisou2.jpg


ryoukamisou7.jpg


この季節は、下の河原からの風が気持よく、出たり入ったりで長湯できる湯は最高です。

両神2


ややぬるめのお湯は、かすかに白濁し茶色と白の湯の花あり。無味でかすかにイオウの残留臭。カルキ臭は感じられませんでした。pH=9.7、CO_3^2-=76.1らしい 明瞭なヌルすべがあり、ぬるめの湯加減とあいまってとても入り心地のいいやわらかなお湯になっています。浴後には爽快感が出てきます。

800円は高いですが、空いているのでゆったりとヌルすべ湯を楽しめます。「道の駅」は600円、未湯なので何とも云えませんが、この200円の差をどうみるか?、選択が難しいところです。私的には露天を味わえる事と気持良くP泊の許可がいただけて、静寂の中でP泊できるメリットは大きいです。さらに大型車も大丈夫な駐車場には暖房便座付きのトイレと洗面所があります。

我が家での評価はとても高い両神温泉です。


■所在地  埼玉県秩父郡小鹿野町両神小森707
■TEL  0494-79-1221
■ホームページはこちら  
■源泉名 両神温泉薬師の湯すすきの湯)
■泉 質  単純硫黄冷鉱泉
■浴場  かけ流し檜風呂・かけ流し岩風呂 ※加温はしています。
■営業時間  通年 11:00~17:00(土・日曜、祝日は~15:00)
■料金 大人800円
■駐車場 駐車場有、80台収納可能
※P泊もフロントで許可いただいて第二駐車場へ。大型車もOKです。
■入浴日  2009-08-21


関連記事
[ 2009/08/21 23:51 ] 温泉 温泉 埼玉県 | TB(-) | CM(0)

秩父大滝温泉 遊湯館

秩父路最奥の旧大滝村エリアは全域が秩父多摩甲斐国立公園内にあり、荒川源流の渓谷美と秩父山塊の山並みが美しい観光スポットが多数あります。

一般国道で日本最長となる雁坂トンネルを先に控える国道140号線「秩父往還道(彩甲斐街道)」は、日本の道100選に選ばれ、古くから秩父と甲府を結ぶ秩父巡礼や富士登山など信仰の道としても栄えた。この街道沿いの「道の駅 大滝温泉」に「日帰り温泉 遊湯館」がある。

129358658976716126697_viewimg8_20140909230045723.jpg


秩父市中心部から20km余りの距離に位置します。我が家は山梨方面へお出かけした時に秩父経由で帰る場合が多く、とても重宝する場所にあります。P泊では閉館後ほとんど車両もいなくなり、少し寂しい思いをしますが、とにかく静かでぐっすり車中泊して寝れます。

源泉は冷鉱泉の多い秩父エリアでは珍しい泉温33.1度のナトリウム-塩化物泉。
淡い褐色に濁り、肌触りはツルヌル感があります。
露天風呂はないが、男女それぞれ内湯の1F檜風呂、B1F岩風呂と2種の浴槽を用意。館内に休憩用の大広間や食事処を備え、館外にはお食事処、特産品販売センター、歴史民俗資料館が揃う。もちろん蕎麦が美味しい。


129358661236616205963_viewimg.jpg


湯船に浸かりながら立ち上がると眼下の荒川源流を確認できます。下画像は岩風呂。

0000140902.jpg


三峯神社参拝や雲取山、甲武信ヶ岳などの登山、周辺観光ついでの立ち寄り湯としても人気です。

■所在地  埼玉県秩父市大滝4277-2 https://goo.gl/maps/esLcSb4Ap912
■TEL  0494-55-0126
■公式サイトURL  
■源泉名  大滝温泉・三峰神の湯
■泉質  ナトリウム・塩化物温泉
■日帰り利用料 大人700円
■日帰り受付時間  4/1~11/30 10時~20時   2/1~3/31 10時~19時
■休館日 毎週木曜日
■入浴日  2004.09.06
関連記事
[ 2004/09/06 14:51 ] 温泉 温泉 埼玉県 | TB(-) | CM(0)

埼玉県皆野町 満願の湯

秩父と言えば蕎麦、山歩き、札所巡りが有名ですが、いい温泉もあります。

満願の湯は日帰り温泉施設ですが、泉質の良さは皆さんが認めるところです。


129358433890816125965_mangannoyu_outlook.jpg


秩父はほとんど冷泉ですので、ここも源泉18℃を加温している。ただし、加水してなく、総硫黄が基準の2mg/kgを僅かに超える2.3mgと、近隣では珍しく単純硫黄泉です。期待はあったが、ほとんど硫黄の臭いはしなかった。

129358448978516125962_mangan3.jpg



お湯は多少スベスベ感がする程度ですが浴槽へ注がれる湯量は内湯・露天風呂(写真)ともにガボカボ注がれているので、掛け流し的雰囲気はいいです。特に眼下を流れる沢と正面に見える滝を見ながらの入浴は素晴らしく贅沢です。

浴室の壁には「源泉100%」と記載されています。ウソではないが、循環させたお湯に対して源泉100%と言われても戸惑ってしまいます。ちなみに水風呂は加温・循環していない源泉そのままで、冷鉱泉ながら源泉風呂を設けているのは評価できます。

129358440926216205344_p_kogane2.jpg


露天脇に飲泉所がありコップが置かれていたので飲泉してみましたが、飲み込めませんでした。私は苦手です。

129358443852016312301_mangan6.jpg



■所在地  埼玉県秩父郡皆野町大字下日野沢4000 
■TEL 0494-62-3026
■公式サイトURL  秩父温泉 満願の湯 http://www.chichibuonsen.co.jp/
■泉質  単純硫黄泉(水素イオン濃度9.5)、低張性(塩分がないこと)、アルカリ性、冷鉱泉
■日帰り利用料   大人 平日800円(土日祭3時間900円)
■日帰り受付時間  午前 10:00~午後 9:00
■ 駐車場 収容約200台
■立ち寄り日  ・2004-09-05 ・2005-09-04
関連記事
[ 2004/09/05 15:08 ] 温泉 温泉 埼玉県 | TB(-) | CM(0)