奥日光雪まつり Part3 奥日光湯元温泉 湯の家

湯の家旅館の入口の看板。昨日入浴の電話をしてありましたが、朝9時ちょうどの訪問はまだ準備中の様子。あわてて浴場の照明を入れてました。助かりますね、奥日光でこの時間から入浴できるところは限られていますから。
139140149523376721228_P2010294.jpg


雪まつりのポスターを発見。

139140150510980202228_P2010295.jpg


ロッカーもなく、駕籠に衣類を放り込むだけの簡素な脱衣場だが、入口のドアを開けると、満々とコバルトブルーの源泉を抱えた大きな浴槽と硫黄の香りに、これぞ温泉と興奮気味になる。2本の自家源泉から自噴する湯を、そのまま湯船へ。壁の湯口から2か所と足元からお湯が沸きだし、惜し気もなくかけ流されている。お湯は、しっかりとした浴感で濃厚な硫黄泉で油分のような成分も浮いている。
139140151673878156228_P2010298.jpg


かけ流しの証明のように洗い場の床には足跡がつくほど、うっすらと温泉成分が堆積している。こんな状況ってなかなかない。
139140152715428151228_P2010297.jpg


この朝の湯温は何故か低めで40℃ちょっとで入りやすい。この湯温って、ここ湯元では珍しい。ゆっくり浸かって最高の気分。20分ほど温まって後にしました。露天がないのが残念だが、それを差し引いても納得のお湯です。

■所在地  栃木県 日光市湯元2512
■TEL  0288-62-2431
■泉質  含硫黄‐ナトリウム・カルシウム‐硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物温泉(硫化水素型) (中性低張性高温泉)
■入浴料金  600円
■利用時間  9時から17時(夜間の入浴は要相談で)




関連記事
[ 2014/02/06 00:52 ] 温泉 温泉 栃木県 | TB(-) | CM(0)

奥日光雪まつり Part2 初雪中走行

いろは坂の上りも路肩に雪が残っていますが、凍結はなく、4駆のターボ車はハイスピードで登り切り、一気に明智平の展望台を通過。トンネルを抜けると雪が舞っていて積雪がある。誰もいない中禅寺湖を左手に見ながら竜頭ノ滝のカーブを通過。さらに標高を上げていきます。戦場ヶ原の三本松駐車場には一台のワンボックス車がポツンと居るだけで超さみしそう。
139140002753886343228_P1310275.jpg


関連記事
[ 2014/02/05 00:42 ] 観光 観光 栃木県 | TB(-) | CM(0)

奥日光雪まつり Part1 和の代温泉 やしおの湯

昨年秋に盛り上がった冬の奥日光の話題。なにやら雪祭開催中で、土曜日には冬の花火大会があるらしい。ということで出かけてきました。

冬の雪道を期待して奥日光を目指します。ライブカメラの画像では、奥日光湯元の積雪は、それほどではなく、天気予報でも暖かい週末の予報です。

湯の湖に着いてからの入浴は時間的に無理なので、日光有料道路をいったん降りて、ガソリンスタンドで給油。そのまま立ち寄り湯へ直行しました。

国道120号に案内看板があり。日光有料道路下をくぐり、大谷川を渡って狭い道を約1km程で到着。途中の狭路は混雑時では気を使うし、駐車場はちょっと狭いので、大型車は手前の道路脇のスペースに駐車を薦めます。

到着は夜間でしたが、地元の方が仕事帰りで利用が多く、建物の画像だけになりました。
139139435054365589228_P1310255.jpg


関連記事
[ 2014/02/04 00:33 ] 温泉 温泉 栃木県 | TB(-) | CM(0)