十条富士神社

■「北区史」による十条富士神社の由緒  中十条二丁目二一、字大塚に鎮座し、祭神は木花佐久夜姫命。元和元年の創建と云われ、社地二十坪、毎年七月一日を祭日とする。
浅間神社の信仰は江戸時代に盛んになつたものと云はれているが、現在の多くの地方の小さな浅間神社富士神社には中世にまつられたものも少なくなく古墳を利用したものが甚だ多く、この神社も十条には古墳がおびただしくあつた点などにより、古墳を改良して富士神社にしたものであろうとの説が有力である。(「北区史」より)

20160701_163754.jpg


関連記事
[ 2016/07/30 00:09 ] 御朱印 御朱印 東京都 | TB(-) | CM(0)